トップ飛行機Su-33フランカーD その8 機体細部の塗装とマスキング

« »

Su-33フランカーD その8 機体細部の塗装とマスキング

Category : 飛行機

Scale : 1/48 Maker : キネティック Post : 393-8


機体細部の塗装とマスキング

機体の各部には未塗装の部分や機体色とは異なる色で塗られているところがあります。それらを塗装してマスキングをしました。これで塗装の準備が完了です。

詳しくはつづきをどうぞ…

コクピット

コクピットのマスキング

コクピットをマスキングします。細かく切ったマスキングテープでふさぎます。つなぎ目から中に吹きこぼれるのをふせぐためにマスキングゾルを塗っています。

機首

機首の塗装

機首はこの別パーツの部分が色違いかと思ったのですが、なんと途中から白くなっていることが判明しました。なんでここで分割するんでしょうね。しかたがないので慌てて塗装することになりました。

先端部分はツヤ消し白なので白サフを吹いて塗装としました。

マスキングをして取り付け

白く残る部分をますきんぐしてから機体に接着しました。少しだけ隙間ができたので、パテで埋めて整形してあります。

このキットで唯一できた隙間です。おそらく機体の上下を貼り合わせたときに、接合部分をヤスリでならしたのですが、その時に削りすぎたのでしょうね。

機体各部

機体各部の塗装とマスキング

機体の各部にある白く塗られた部分を塗装してマスキングしました。

機体の右側には機関銃があるのですが、その周囲は未塗装の金属色です。黒を下地に塗ってから銀色を塗り、パネルラインに合わせてマスキングしました。

機体後部のマスキング

前回塗装した機体の後部もマスキングしました。こちらも細かく切ったマスキングテープで縁取りをしてから内部を大きく切ったマスキングテープで埋めました。

翼の細部の塗装とマスキング

翼の細部の塗装とマスキング

翼の細部も塗装します。白で塗る部分や銀色の部分、黒鉄色の部分などです。それらも同じ様にマスキングテープを使ってマスキングしました。

これでマスキング作業は終了です。ブログに書いてしまうと1回の記事ですが、結構な時間がかかりました。とても面倒な作業ですが、結局これが一番手っ取り早い方法なんですよね。

(全作品完成まで あと98)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »