トップ日記中京AFVの会に行って来ました

« »

中京AFVの会に行って来ました

Category : 日記

Scale : Maker : Post : -


昨日は名古屋の鶴舞で今年最後のAFVの会の中京AFVの会が開催されました。そこへチーム・モケモケの面々が集結です。

ホワイトタイガーさんが銅賞を受賞

ホワイトタイガーさんが銅賞を受賞

集まったのは店長、なごやんさん、吉見さん、ホワイトタイガーさん、とこやさん、燻(いぶり)さん、安田さん、それと最近モケモケでお会いした方(お名前をお伺いしていませんでした(汗))、そして私の9名です。仕事の都合でカレー・バウアー大尉が参加できなかったのは残念です。

お友達のホワイトタイガーさんが銅賞を受賞です。中京AFVの会をにらんでコツコツと制作を続けられた力作が入選しただけに、うれしさもひとしおです。おめでとうございす。

わたしのお気に入り作品たち

ちょいと薄暗い会場だったのですが、レンズを明るい固定焦点の物に交換したらノーストロボで1/30秒ほどのシャッタースピードで切れたので安心して撮っていたのですが、どうも絞りが思いっきり開いており、被写界深度が浅くなってピンぼけだらけです。チーム・モケモケの記録班として面目ない次第です。

そんななかで私のお気に入りの作品を何点かご紹介します。どれも作品名を記録してこなかったのと、作者の方のお名前は参加票に記されていなかったので、ご紹介できないことをご了承ください。

アーマーモデリング賞

アーマーモデリング賞を受賞したパンターF型

この作品は アーマーモデリング賞を受賞された作品です。壊れて廃棄されたパンターF型と子供のヴィネットです。

壊れてボロボロのはずなのに、とてもキレイな作品で、その表現力の豊かさにびっくりです。私の中では特賞です。

山田卓志賞受賞のシャーマン

山田卓志賞受賞のシャーマン

こちらはシャーマン戦車と野球をして遊んでいる兵士のヴィネットです。山田卓志賞を受賞されました。グランドワークがすばらしいのに、ピンぼけ写真しかありません(涙)。

この作品と、一緒に行った吉見さんのシャーマン、そしてあの住友さんのカルロ・アルマートが私の作品の前に置かれており、もうカスんだのなんのって…
みなさん、私の前の3作品の写真ばかり撮影されてるんですよね…

殿堂入りしている水野シゲユキさんの作品

殿堂入りしている水野シゲユキさんの作品

水野シゲユキさんの よく知らない大きな榴弾砲の作品です。グリレ17にのっかてるやつかな?とも思いますが、よくわかりません。

この作品はコンテストの審査対象外で、別のテーブルにひっそりと置かれてオーラを放っていました。

大賞受賞作品(の一部)

大賞受賞作品(の一部)

これは大賞を受賞された作品の一部です。全体像はピンぼけでとてもお見せできません。いやいや大賞ですから、そこら中のサイトで紹介されることでしょうから、私の写真はこんなところでお許しください。

1.5mほどもある大きなジオラマなのですが、この密度感です。大きなジオラマはどうしても細かな部分は大作りになってしまいがちですが、この作品はどこまで行っても緻密です。この根気は私には100年経ってもまねできない世界です。

大賞受賞のM3リー

大賞受賞のM3リー

このM3リーは水野シゲユキさんがこっそりと名前を隠して出品された作品です。みとごに金賞を受賞されました。そりゃそうでしょ。ムチャクチャハイレベルな作品です。さすがに戦車を壊させたら当代一ですね。

ZIS--3

ZIS–3

ソ連の76mm対戦車砲ZIS-3です。カッコいいですね。これを見て買おうと思っていたのを思い出しました。

大きなジオラマの一部で、とてもキレイに仕上がっています。この地面って本当の土ですかね?

鹵獲したチャーチルにFlak37を乗せた自走砲

鹵獲したチャーチルにFlak37を乗せた自走砲

なんだかよくわかりませんが、イギリスの戦車をぶんどってきて、そこにFlakを乗せた対空戦車ですね。車輌やフィギュアだけでなく、地面や木もとてもすてきです。こんなグランドワークにあこがれます。

座談会

午後からアーマーモデリングの土井さん、スケール・アヴィエーション編集長のローガン梅餅さん、ファイン・モールドの鈴木社長、ちょっと遅れてプロ・モデラーの山田卓志さんの座談会がありました。最近のトレンドと鈴木社長がゲストと言うこともあり、旧日本軍の話題が多くでました。

この手の話を静かに聞いていると、自分のプラモに対する考え方や自分の中での模型製作の位置づけについて考えることができます。今年いくつも地面付きの作品をつくってきました。それはそれで楽しかったのですが、その分つくれない戦車がたくさん山積みになりました。わたしはまだこんな作品をつくりたいというほどの思いはありませんが、つくってみたいキットはたくさんあります。来年はそんな自分の思いを大切に、戦車の数をこなしてみたいな~、なんて思ったりしました。

お買い物

オペル・ブリッツ用レジン製幌

会場では大日本絵画さんやMIGの代理店のマルタケさんが直売場を開いていました。本はじっくり見ているひまもなかったのですが、マルタケさんのところでオペル・ブリッツの幌を買ってきました。

全部被っているタイプと半分だけのタイプがあり、わたしは半分だけ被っているタイプを購入しました。通常価格1900円が中京AFVの会特別価格の1500円でした。どうもバーゲンには弱いんですよね。

閉会後は会場を出てから、みんなでモケモケに寄り、早く帰った店長に土産話をしました。 その後、カレー屋さんのお店に行って(本当にカレー屋さんなんですよ)、晩ご飯のカレーをいただきながら、カレー屋さんにもみやげ話です。

いや~、本当にいい一日でした。またみんなで行きましょうね♪

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »