トップ飛行機エリア88・F-14Aトムキャット その3 機体の組み立て

« »

エリア88・F-14Aトムキャット その3 機体の組み立て

Category : 飛行機 キャラクター

Scale : 1/72 Maker : ハセガワ Post : 388-3


機体の組み立て

機体の組み立てをしました。バリが多くパーツの整形に手間取りますが、合いは悪くなく、それほど苦労無く形になってくれました。

詳しくはつづきをどうぞ…

機首の組み立て

機首の組み立て

機首を組み立てます。コクピットの上の部分を塗装して取り付けました。HUDの投影機はクリアパーツでレンズが用意されているのですが、スクリーンがありません。無いわけは無いので、何かで適当にでっち上げようか迷ってます。

機体の左側には搭乗用のステップがあるのですが、とりあえず中を塗って両面テープで貼り付けてあります。完成時にはステップは開けようと思っています。

機首下面の組み立て

機首の下面です。前脚の収納庫や何かのセンサーを付けます。このセンサーは塗装図の機体によってパーツを選択するようになっているのですが、作るのがコミックに登場する機体です。生憎コミックは持っていないので、確認を取れないので、一番配色が近い尾翼が黒いジョリーロジャースの機体に準ずることにしました。

機首の組み立て

レドームは色が異なる部分で別パーツになっているので、塗装後に接着することにしました。できるだけ隙間ができないように合わせ目を整形しておきました。

レドームには重りを5g仕込めと説明書に書かれています。ハセガワの説明書を信じないわけでは無いのですが、機体がある程度できあがってから、実際に重りを入れて確認してみます。その方が確実ですからね。

機体の組み立て

機体とエアインテークの組み立て

平べったい機体部分を組み立てます。外から見える機体内部は先にMr.カラーの316番で塗装しています。

エアインテークを組み立てて機体にはめ込みます。内部に仕込まれたパーツなんかも再現されています。のぞき込まないと見えないパーツですが、こんなのまで再現されているというのは好感が持てますね。

機体後部の組み立て

左のエアインテーク(向かって奥)と機体の合わせ目にちょっとだけ隙間ができたので、プラペーパーを挟んで埋めておきました。

また機体の後部にも隙間ができたのと、よく見たらヒケがあったので、ここはパテで埋めておきました。

エンジンの下にカナードが付くのですが、これは別の色で塗装することになるので、接着はしていません。

実は秘密の制作を裏で進めていたのでこれまでなかなか進めませんでしたが、そちらの制作も一段落付いたので、ここからはF-14の制作に専念できます。次はいよいよ翼の組み立てです。何を作っていたかは春になったらお知らせできると思います。それまで楽しみにしていてください。

(全作品完成まで あと97)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ