トップAFVソビエト連邦SU-76i自走砲 その3 車体の組み立て

« »

SU-76i自走砲 その3 車体の組み立て

Category : AFV ソビエト連邦

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 405-3


車体の組み立て

ほとんど3号戦車の組み立てをしているようなものですが、ここへ来て初めてSU-76iとしての改造が入ります。このキットでの最大の山場(大げさ)ですね。3号戦車にとっては巨大な76.2mm砲を収めるための改造です。

詳しくはつづきをどうぞ…

エンジンデッキ

エンジンデッキの組み立て

まずはエンジンデッキです。普通の3号戦車(J型かな?)と同じですが、牽引ワイヤーが外されているので、留め具だけを取り付けます。エッチングパーツじゃ無いのでモッサリしていますが、別にこれで十分です。

車体前部

車体前部の組み立て

車体の前部を組みたてます。本当はフェンダーを付ける前に取り付けた方が楽なのですが、うっかり付けるのを忘れてフェンダーを先に付けてしました。よくやらかすんですよね(+_+)\バキッ!

ヘッドライトを取り付ける穴は左側が不要なので埋めておきます。写真では付け忘れていますが、跳ね上げ式のフェンダーを止める金具もプラパーツで入っています。

戦闘室の加工

戦闘室の加工

戦闘室を加工します。説明書には実物大の型紙が・・・と思って合わせてみたらほんの1mmほどサイズが違います。なんで原寸大にしないんでしょうね。理解できません。

しかたがないので切る部分はSU-76i用の全面装甲板を使って位置決めをしました。ほんの少しだけ大きめに残して、装甲板を貼ってから削って調整しました。ただ、完全に隠れちゃうので、少々いい加減でも大丈夫なようです。

戦闘室下部の組み立て

戦闘室の下の部分を組みたてました。切り欠きの穴は少々不細工でも見えなくなるのですが、そこはモデラーの性です。意味も無くキレイに仕上げてしまいました(;^ω^)

(全作品完成まで あと106)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ