トップAFVイギリスオードナンス・QF2ポンド砲 その2 フィギュアの組立てとベースの準備

« »

オードナンス・QF2ポンド砲 その2 フィギュアの組立てとベースの準備

Category : AFV イギリス ジオラマ

Scale : 1/35 Maker : バルカン Post : 325-2


フィギュアの組み立て

フィギュアの組立て

フィギュアを組み立てます。砲手は実は砲を組み立てるより前に作ってありました。というのも座席の位置が砲手を作らないと決まらないからなんです。

フィギュアのフィッティング

ハンドルは、軸とハンドルが離れていてもあまり目立ちませんが、砲手がキチンと握れていないと目立つので、ハンドルを砲手の手に接着しました。後で軸の角度を調整します。もしかしたら軸も砲手側に接着してしまったほうがさらによかったかもしれませんね、軸が砲にちゃんとくっついていなくてもそれこそ砲手を乗せてしまえば、わかりにくい位置ですから。長くモデラーをやっているとこういうごまかし方はちゃっかり身につきます(+_+)\バキッ!

フィギュアの組立てフィギュアの組立て

残りの2体も組み立てました。なかなかよく出来たフィギュアです。さすがに純正だけあって、砲にちゃんとフィットしてくれます。フィギュアを自作できないとなると、このような純正のフィギュアセットが出てくれるとホントウレシイですね。

フィギュアの組立て

ベースの準備

ベースの準備ベースの準備

今回は地面を付けてヴィネットにしてみようと思います。ヴィネットというのは周囲の風景の一部も取り込んだジオラマ(情景模型)と違い、その車輌もしくは人の周囲だけを切り取ったものなので、ベースは小さくなります。

以前ホームセンターの処分品のワゴンセールで見つけた木で出来たお皿をたくさん購入して持っているので、それを使います。お菓子か何かを出すときのお皿でしょうか、たぶん1個何十円だかで買ったような気がします。

これをひっくり返せば立派なヴィネットのベースとなります。表面もキレイに仕上げられているので、手間いらずです。

(全作品完成まで あと88)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ