トップ飛行機支援戦闘機F-1 その7 迷彩塗装

« »

支援戦闘機F-1 その7 迷彩塗装

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : プラッツ Post : 343-7


濃松葉色

筆塗りで輪郭

3色目は迷彩塗装の濃松葉色です。まずは筆塗りで輪郭を書きます。説明書を見ながらなるべくそっくりに模様を描きます。自衛隊の迷彩塗装はどの機体もみんな同じに描かれていますから、説明書通りに塗らないと行けません。その点、現場で塗られているため個体差100%のドイツ戦車は楽ちんですね。

中をエアブラシで塗りつぶす

エアブラシの圧を絞って輪郭の中をゆっくりと塗っていきます。圧が低いので塗料を薄めにします。そうしないとすぐにノズルが詰まってしまってぷつぷつが出てしまうからです。ただし塗料を薄めにすると今度はすぐにべちゃべちゃになってしまいます。そこで活躍するのが速乾性の溶剤です。クレオスのラピッドシンナーを使えばノズルが詰まらないほど薄めてもべちゃべちゃに濡れないでふんわりと塗っていけます。

薄松葉色

筆塗りで輪郭

4色目の薄松葉色も同様にして筆塗りで輪郭を取ってからエアブラシで中を埋めます。実は発色を考えて彩度の低い順に塗ってきたのですが、この後吹きこぼれを筆塗りでリタッチするには塗装順が明度の低い順に重ねていった方が直しやすいんですよね。

エアブラシで逆順に吹き直す

それでもう一度黄土色で境界を吹いて黄土色が両松葉色にかぶるように吹き直しました。

このまま乾燥機でしっかり乾かして、薄松葉色と濃松葉色でリタッチする予定です。

(全作品完成まで あと89)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ