トップ飛行機スピットファイアMk.9c後期型 その2 機体の組み立て

« »

スピットファイアMk.9c後期型 その2 機体の組み立て

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : エデュアルド Post : 408-2


機体の組み立て

コクピットが完成したので早速機体に挟み込んで機体を組みたてます。最近のキットなので設計も良く、サクッと簡単に形になってくれました。

詳しくはつづきをどうぞ…

胴体の貼り合わせ

機体の貼り合わせ

機体の左右を貼り合わせます。これだけ凝ったコクピットですから、注意して組まないと入らなかったりします。今回はおかげさまでなんとかキッチリ収まりました。

機体の組み立て

機体の組み立て

エンジンのカバーや機体下面のエアインテークを取り付けます。これらは左右に分割されているのですが、実機では中央部分は一枚の板です。機体の合わせ目はパテを塗って消すのですが、その際周囲のリベットなどが消えてしまうかも知れません。出来る範囲で直しますが、元通りというわけには行かないでしょうね。まぁ、合わせ目が強く残るよりはマシと考えます。

合わせ目の成型

パテの乾燥を待つ間、翼などを取り付けます。大きな丸い翼がカッコイイですね。

パテが乾いたらスポンジヤスリで削ります。近くに筋彫りは無いのですが、リベットがあったりします。薄く消えてしまったところだけ、ハセガワのトライツールでリベットを打ちました。上手くいってるかどうかはよく分かりません(;^ω^)

(全作品完成まで あと108)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »