トップ自動車フェラーリ・312T2 その9 排気管とフロントサスペンション

« »

フェラーリ・312T2 その9 排気管とフロントサスペンション

Category : 自動車

Scale : 1/20 Maker : ハセガワ Post : 334-9


排気管

排気管の組み立て

排気管を作ります。3気筒ずつ4組にまとめられた排気管は複雑な形をしていますが、パーツの合いは良く、なんの苦労も無くきっちりとはまってくれます。

エンジンに合わせたまま接着剤が硬化するのを待って塗装します。塗装は指定色がフラットホワイトなので、白サフで吹いてそのままにしました。留め具だけは黒鉄色で筆塗りです。

排気管の塗装と取り付けスタビライザーのパーツ

塗装後もう一度取り付けます。角度に多少の遊びがあるので、左右がちゃんと同じ角度になるように注意して硬化を待ちます。

リアのスタビライザーとアップライトを繋ぐリンクを付け忘れていたので取り付けます。非常に細いパーツでエッチングパーツで用意されています。色の指示はなにも無いのですが、他のリンケージが全部黒なので、ここは黒にしてみました。

フロントサスペンション

フロントサスペンションの組み立て

フロントサスペンションを組み立てます。ペダルの油圧を伝えるパーツがあるのですが、ここから出るチューブがどうやってブレーキやエンジン、クラッチに繋がっていくのかよく分からないので、付けるのは諦めました。ほとんど見えないのですが、付けるとカッコイイでしょうね。特にブレーキパイプなんかはね。

スタビライザーのリンケージ

フロントサスペンションにもスタビライザーのリンケージがあるので、取り付けます。非常に小さなパーツで付けにくいので、一度スタビライザーを外してからそれに貼り付け、車体に戻しました。

これで4輪ともサスペンションが付き、仮り組み状態とは言え自動車らしい姿になってきました。次は運転席の製作ですね。

(全作品完成まで あと86)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ