トップAFVイタリアAB40鉄道装甲車 その3 組み立て完了

« »

AB40鉄道装甲車 その3 組み立て完了

Category : AFV イタリア

Scale : 1/35 Maker : イタレリ Post : 374-3


組み立て完了

残りの部分、砲塔、タイヤ、車輪、線路を組み立てます。これで組み立て完了です。

詳しくはつづきをどうぞ…

砲塔の組み立て

砲塔の組み立て

砲塔を組み立てます。内部は機関銃と車長の座席、旋回装置のハンドルと歯車があります。再現度としては十分ではないのですが、せっかくなので塗装だけはしておこうと思います。そのために砲塔パーツの上下は接着していません。

機関銃の先を開口

機関銃の先を開口します。細いのでやりにくいのですが、先に0.4mmで穴を開け、0.5mmで広げておきました。

タイヤと車輪

タイヤと車輪の組み立て

タイヤと車輪を組み立てます。線路を走るときに外されたタイヤは車体中央のスペアタイヤの場所にまとめられます。これは塗装後に取り付けるために別で塗装します。

鉄道走行用の車輪は中央のパーツだけを車軸に接着して回転するように作ることが出来るのですが、別に走らせて遊びたいわけじゃ無いので(笑)、中央のパーツは車輪に接着してしまいました。

ヘッドライト

ヘッドライトレンズを作る

このキットのヘッドライトはクリアパーツじゃ無いので、どうしようか迷っていたのですが、透明レジンで作ることにしました。

ブルーミックスにキットのパーツを埋めて型を作り、そこに紫外線硬化タイプの透明レジンを流してレンズを作りました。

この紫外線硬化セットは娘の持ち物なんですが、持つべき物は工作好きの娘ですね。

レンズの取り付けレンズのマスキング

ヘッドライト(後ろなんですけどね)の中をシルバーで塗装し、レンズを瞬間接着剤で貼り付けました。透明度がイマイチですが、良い感じです。

レンズにはパンチで丸く抜いたマスキングテープを貼り付けました。

線路の組み立て

線路

オマケの線路を組み立てます。鉄道車両ですからやっぱり線路があるといいですよね。欲を言えばドラゴンのキットの様に枕木と線路だけじゃなく砂利も敷いてある方がありがたいのですが、贅沢は言ってはいけませんね。

これで全部のパーツの組み立て完了です。次からは塗装に入ります。

(全作品完成まで あと100)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ