トップAFVソビエト連邦T-34/85 1944年型 その5 砲塔の組立て

« »

T-34/85 1944年型 その5 砲塔の組立て

Category : AFV ソビエト連邦

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 77-5


鋳造肌

T-34/85 1944年型 砲塔の鋳造肌テクスチャ

T-34/85 1944年型 砲塔の鋳造肌テクスチャ

砲塔の組み立てです。砲塔は上下2分割なのですが、主砲の付け根の部分がさらに小さなパーツに分けられていて、これで隙間が空いてしまいます。

光硬化パテで埋めて、ヤスリで段差を消すのですが、そうするとせっかくの鋳造肌のテクスチャが消えてツルツルになってしまいました。そこでタミヤのパテ(安いやつ)を堅い筆でたたき付けて、鋳造肌を作り直しました。実車の写真を見てもT34の砲塔はかなり凸凹ですからね。プラモでは多少大げさにしないと目立たないので、これくらいグチャグチャが丁度いいかもしれませんね。

組立て完了

T-34/85 1944年型 組立て完了

T-34/85 1944年型 組立て完了

さて、いよいよ戦車の組み立てが完了しました。T34/76に比べて口径が76mmから85mmになっただけではなく、口径長も相当に長くなっているため迫力が違います。これは強そうですね。

最後の仕上げに、装甲板の切り口に溶断の痕を付けたりしました。ソ連軍は仕上がりの美しさなどは無視してとにかく大量に作ることだけを考えていたので、仕上げの程度はかなり不細工でした。まぁ、私もキレイに組み立てるのは苦手ですから、ソ連軍のことをとやかくは言えませんし、普通につくればちゃんと汚く出来るのでソ連軍向きのモデラーとも言えます(+_+)\バキッ!

(全作品完成まで あと11)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »