« »

アメリカ・M4ハイスピード・トラクター その11 完成!!

Category : 完成 AFV アメリカ

Scale : 1/35 Maker : ホビーボス Post : 117-11

ドライブラシとチッピング少々、そしてパステル小さじ一杯

M4ハイスピード・トラクター 仕上げ

M4ハイスピード・トラクター 仕上げ

ドライブラシはエナメル塗料をペトロールで2倍ほどに溶いて3段階ほどしました。今回はあまり白を強くしませんでした。特に理由はありません。仕上がりを見ながらドライブラシするのですが、結果としてこれで良いかな?って感じに仕上がったからです。

チッピングもエナメル塗料をペトロールで溶いて面相筆で入れます。なぜペトロールで溶くかというと、エナメル溶剤よりも乾燥が遅そうだからです。ちっぴんをチョンチョンと調子よくいれているときに、筆が何度も乾くのはかないませんからね。

ドライブラシとチッピングを一晩かけて十分に乾かしたら、最後に隠し味でセピアのパステルをまぶします。入り隅に入れたり、鉄板の表面を所々すすけた感じにしたりします。またMIGピグメントの錆色(ライトラスト)も錆びやすそうな所にこすりつけ、最後にMIGピグメントのスモークを排気管の出口周辺にこすりつけました。

これで完成ですね。やれやれ・・・

エンジンルーム

M4ハイスピード・トラクター エンジンルーム

M4ハイスピード・トラクター エンジンルーム

作業の途中で接着した砲弾ラックが取れてしまいました。やはりちゃんと塗料を剥がしてから接着剤を塗らないとだめですね。

取れたついでに、これなら中がよく見えますから、接着せずに置きました。もしかしてこの部分だけを取り替えれば、他の大砲を牽引するタイプにもできるんですよね?

いんちき合成写真

アメリカ・M4ハイスピード・トラクター

アメリカ・M4ハイスピード・トラクター

いつものインチキ合成写真です。本当は後ろにアメリカ兵がたくさんいるのですが、見えるのは窓越しに二人ほどです。残念!!
それにしても、このドライバー君、すごく苦労して改造したのに、ほとんど目立ちません。浮かばれませんね(涙)

いろいろな野暮用が重なって、完成までに2週間も掛かってしまいました。予定では10日ほどで完成するつもりだったんですけどね。遅くなった原因は、忙しかったこともあるのですが、思いの外キットの組み立て・塗装の順番に悩んだことも原因です。ほぼフルインテリアに近い再現と細かいところまで良くできているため、少々手間取りました。

結局ロングトムは手に入れることができなかったので、ハイスピード・トラクターだけを後ろにロングトムがあるつもりで作りました。いつかこの車輌のために相棒を見つけてやりたいですね。

車体後方には砲弾ラックがあります。オプションの155mm砲弾セットを購入し、積載してみました。24発全部にデカールを貼ったのですが、前2列しか見えません(涙)。リアゲートは真鍮線で開閉式にしてあります。右側から見たM4ハイスピード・トラクターです。キャビンの出入り口には扉が付くのですが、プラのパーツでは質感がまるで無いので、付けませんでした。戦場の写真を見てもわりと付いていませんからね。(ホントカ?)真横から見たM4ハイスピード・トラクターです。履帯は軟質プラのベルト式です。これを瞬間接着剤で転輪に固定してあります。米軍の車輌はあまり履帯がたれていませんからね。これでOKです。前から見たM4ハイスピード・トラクターです。フロントガラスはそれらしく汚してあります。そのわりにヘッドライトがキレイですね。今気がつきました。こりゃオカシイ…後ろから見たM4ハイスピード・トラクターです。前よりも少し多めに汚してあります。汚し塗装は水性アクリルのエアブラシと油彩の筆書きのコンビネーションです。上から見たM4ハイスピード・トラクターです。キャビンの天井の真ん中に大きな穴が開いています。これってキャンバスかなにかのカバーがあるんでしょうね。あと、砲弾ラックも…

(全作品完成まで あと36)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »