トップ飛行機支援戦闘機F-1 その11 デカール貼り

« »

支援戦闘機F-1 その11 デカール貼り

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : プラッツ Post : 343-11


デカール貼り

デカールを貼りました。キットの付属デカールはとても1/72とは思えないくらい細かく、通常なら省略されてしまいそうなサイズまで用意されています。まるで1/48並です。

機体にクレオスのマークセッターを塗ってからデカールを置き、綿棒などで水気を吸い取ってから位置を合わせ、半乾きになった状態でクレオスの水性塗料用の溶剤を大きめの平筆で全体に塗ります。クレオスの水性塗料用の溶剤はデカールを軟化させる効果があるようで、デカールがかなりしっかりと密着してくれます。右の拡大写真を見てもらっても分かるように、デカールの薄さと相まって、シルバリング(デカールの周囲の白化)がほとんど見られません。これくらいのレベルなら十分ですよね。

デカール貼り
デカールは薄くて繊細なのはいいのですが、その分少々弱くて、何ヶ所か貼るのに失敗して無くなってしまっているところがあります。あまり目立たない所なのですが、ナイショです(^^ゞ

デカールの貼り付けには2日間もかかってしまいました。もちろんぶっ続けではないのですけどね。飛行機のようにほぼ全身にびっしりデカールを貼る場合は大抵は2日かけるのですが、今回はホントに2日(2晩)かけないと無理なくらいの量でした。

クリアコートとキャノピー

クリアコートとキャノピーの取り付け

そのまま乾燥機に入れて1日乾かしてから、デカールの保護と、表面のツヤの統一のために半ツヤのクリアを全体に吹きました。

ここまできたらコクピットに貼ってあったマスキングを剥がします。塗料の漏れは無く、ちゃんと保護されていてホッとします。

別に作っておいたキャノピーを取り付けます。キャノピーは断面がエッチングパーツで再現されているので、開いた状態としました。せっかくですからね。

この後におよんでまだ車輪が付いていないのですが、特にこだわっているわけじゃありません。ただ塗装するのを忘れていただけです(+_+)\バキッ!

(全作品完成まで あと88)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ