トップ完成Schlagen Sie Zurück (反撃) その5 完成!!

« »

Schlagen Sie Zurück (反撃) その5 完成!!

Category : 完成 ジオラマ

Scale : 1/35 Maker : Post : D17-5


ベースの製作

Schlagen Sie Zurück ベースの製作

Schlagen Sie Zurück ベースの製作

いよいよ完成に近づいてきました。最後の仕上げにベースを作ります。ずいぶん前に砥の粉を塗り込んでペーパーをかけておいた105円(ダイソーで購入)の板にオイル・ステインを塗ります。もったいないので、見えないところは塗りません。

Schlagen Sie Zurück 地面の周囲を隠す

Schlagen Sie Zurück 地面の周囲を隠す

次に地面の周りにバルサの板を張り付けます。1mm厚の一番薄いやつで、カッターナイフで簡単に地面の形に合わせることができます。これでスタイロフォームがすっかり隠れます。接着には両面テープと木工ボンドを使いました。

バルサの板はベースと同じオイル・ステインで着色し、乾燥後、ベースと一緒に水性ニスを塗って仕上げました。

3号戦車の固定

Schlagen Sie Zurück 3号戦車の固定

Schlagen Sie Zurück 3号戦車の固定

最初はボルトの穴を開けて、ボルトとナットで止めていたのですが、hirozさんのBLOGで『木ねじでもいいかも』というのを読んで、木ねじを使ってみました。これなら貫通させなくてすみますから、ベースの裏側の加工も入りません。

銘板の制作

Schlagen Sie Zurück 銘板の制作

Schlagen Sie Zurück 銘板の制作

銘板はいつもの エーワン・フィルムラベル・ゴールドつや消し です。Illustrator で図柄を作って、インクジェットプリンタで直接印刷します。

裏面はのりになっているので、そのまま貼り付けが可能です。釘で留めてあるのは単にカッコつけてるだけです。

完成!!

Schlagen Sie Zurück (反撃) Diorama #17 1/35

Schlagen Sie Zurück (反撃) Diorama #17 1/35

戦車2輛にフィギュアせっとを2つも使ったダイオラマです。作り始めてから1ヶ月近くかけてやっと完成しました。 今回は特別に大きな写真をアップしてみました。普通のモニタでは画面に収まりきれませんが、せっかくのダイオラマですからね。

今回のWhat’s NEW は、壊れた戦車を作る、複数の戦車をジオラマに使う、フィギュアの服を作り直す、などもりだくさんなこともあり、制作にたっぷりと(当社比)時間がかかりました。それでも100%満足というわけではなく、制作当初に自分が思い描いていたのとは異なる部分もあり、ジオラマ作りの難しさを感じました。

初めは草も多少は生やそうかとも思っていたのですが(北アフリカの乾燥地帯にも草は生えます)、ベースが狭いこともあり、うるさくなるので止めました。

ジオラマ作りはこれで終わりというものがありません。自分が完成と決めたところが完成になります。そういった意味からも、このジオラマも、ここで終わりではなく、この後進化するかもしれませんね。実はそうしたいジオラマ(ヴィネット)があるんですよ。

Schlagen Sie Zurück (反撃)  Diorama #17 1/35

Schlagen Sie Zurück (反撃) Diorama #17 1/35

いつものインチキ合成写真です。背景の写真の地面の色とダイオラマの地面の色を近づけてあります。本当はもっと赤っぽかったんですよね。

実際の戦場ではもう少し兵士たちは散らばっているでしょうね。こんなに近くにギューギュー詰めになっていることはあまりないでしょう。まぁ、そこは模型ということで…

モケモケ展示会9月のお題『アフリカ戦線』用なのですが、すっかり遅刻してしまいました。できるだけ早いうちに持って行くことにしましょう。

低い視線で見てみました。前の戦いでやられた2号戦車を盾に、奪われた前線を取り返します。トブルク陥落まであとX日!MG34機関銃を撃つ兵士です。空薬莢を捲こうかと思ったのですが、まだ敵が射程に入っていないと言うことで、捲きませんでした。決して手抜きじゃ…(+_+)\バキッ!一人前に出て状況を調べる隊長です。勇敢ですね。3号戦車に守られて、壊れた2号戦車の陰からワサワサと出てくる歩兵たちです。この人たち、元のキットは降下猟兵だったんですよね。 2号戦車の陰で弾を込める兵士です。敵に背を向けるときは遮蔽物にぴったりと身を寄せています。本来主役となるはずだった3号戦車です。毎度のことですが、歩兵たちに主役の座を奪われ、すっかり大道具状態です。対戦車戦闘用の長砲身の3号戦車ですが、歩兵の支援も行います。なにしろアフリカ戦線では人手も物資も車両も足りません。

(全作品完成まで あと35)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »