トップAFVドイツ装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 その3 室内の仕上げと車体の貼り合わせ

« »

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 その3 室内の仕上げと車体の貼り合わせ

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 159-3


キャビンの組み立て

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 室内の組み立て

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 室内の組み立て

乗員や荷物を乗せるキャビンを組み立てます。何を勘違いしたのか、二つの工具箱を片側に寄せて組み立ててしまい、その間違いに気づいて付け替えました。その時ガチムチに接着してあったシートを外すのに四苦八苦し、片側の誘導輪の軸を折ってしまいました。これは0.8mmの真鍮線を入れて直しておきました。

インテリアの塗装

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 インテリアの塗装

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 インテリアの塗装

もう一度ジャーマングレーを吹き直し、さらに細部の塗り分けをしました。細部の塗り分けをする前に、間違いに気づいて良かったです。

メーターパネルや無線機などの塗り分けは適当です。251の車内はいつも車体の色と同じ色で塗っているのですが、もしかしてキャビンは車体色でも、運転席はインテリアカラーかもしれませんね。どなたかご存じないでしょうか?

インテリアの仕上げ

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 インテリアの仕上げ

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 インテリアの仕上げ

インテリアは車体を接着したら手を入れることができなくなるので、ウオッシングやドライブラシなどの仕上げもこの段階で済ませておきます。

別で塗装しておいた荷物や銃も接着します。銃にはスリングを付けなければ伊那無いのでしょうが、8本もあって面倒なので(オイオイ)止めときました。

ドライバーのフィギュアは全体を塗ってはあるのですが、仕上げは背中しかしてありません。顔も横顔までは陰影を入れているのですが、正面はのっぺらぼうです。全く見えなくなるものに時間はかけられません。

車体上下の貼り合わせ

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 車体上下の貼り合わせ

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 車体上下の貼り合わせ

車体の上下を貼り合わせ、テープで固定してあります。中を覗くとこんな感じです。結構見えますよね。見える範囲だけはまじめに塗ってあります。運転手の手も右手は割とまじめに塗っておきました。

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 車体上下の貼り合わせ

装甲工兵車Sd.kfz.251/7C型 車体上下の貼り合わせ

後ろはこんな感じです。室内に装備された消火器は赤で塗っておきました。やはり消火器は赤でなくっちゃ(ホントカ?)

251ハーフトラックは中が丸見えなので、ここまでが大変ですが、ここからはサクサクといけると思います。車体の接着剤が固まるのを待っている間に履帯でも組み立てますか。

(全作品完成まで あと56)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »