トップ自動車VX1600ロードスター その2 キャブレターとフレーム

« »

VX1600ロードスター その2 キャブレターとフレーム

Category : 自動車

Scale : 1/12 Maker : タミヤ Post : 432-2


フレームの製作

フレームを組みたててエンジンを搭載しました。エンジンにはキャブレターやエアフィルターを取り付けました。

詳しくはつづきをどうぞ…

キャブレター

キャブレターの製作

エンジンにキャブレターを取り付けます。高回転型のエンジンを持つバイクは1気筒ごとにキャブレターが付いてたりしますが、こちらは高トルク低回転型のエンジンなのでキャブレターは2気筒に対して1つです。V型のシリンダーの間にあります。

吸気パイプの裏側

吸気パイプの裏側には溝があります。本来はパイプで無ければいけないので、ここはパテで埋めて起きました。

吸気パイプの裏側

この位置にくるのですが、たぶん何らかのパーツが付くのでまるで見えなくなるんでしょうね。一応やっておきます。気休めです。

フレーム

フレームの組み立て

フレームパーツは組みたてられるだけ組みたてておいてから塗装します。後から取り付けた方がやりやすいパーツは塗装だけ済ませておきます。

スタンド

スタンドのく見立て

フレームにメッキパーツのスタンドを取り付けます。フレームの付け根は金属パーツが採用されており、薄くても丈夫に出来ています。1/12でここまでやってもらえるとはウレシイですね。

エンジンの積み込み

エンジンの積み込み

エンジンをフレームに積み込みます。複雑な形状をしているのですが、ピッタリとはまるところはさすがにタミヤです。固定はビスでネジ止めです。これもしっかりと留まる上に、接着剤で汚す心配も無いのがありがたいですね。

キャブレターには大きなメッキパーツのエアフィルターを取り付けました。これでキャブレターはまるで見えなくなりました。あらあら・・・(;^ω^)

(全作品完成まで あと121)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »