トップ飛行機A-6Eイントルーダー その10 キャノピーなど残りのパーツの塗装

« »

A-6Eイントルーダー その10 キャノピーなど残りのパーツの塗装

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : タミヤ Post : 462-10


キャノピーなど残りのパーツの塗装

いよいよ塗装・組み立て作業も大詰めです。今回はキャノピーなど残りのパーツを塗装しました。

詳しくはつづきをどうぞ…

キャノピーの塗装

キャノピーの塗装

キャノピーを塗装します。最初に窓の部分をクリアブルーとスモークで塗装します。窓がしっかり乾いたらマスキングをして窓枠を塗装するのですが、前の窓枠は黒を塗った上から機体色を塗装しました。また後のスライドする部分は最初に機体内部色を塗りその上から機体色を塗装しました。

キャノピーの組み立て

キャノピーの組み立て

キャノピーを機体に取り付けます。前の部分は機体に接着しますが、後のスライドする部分はスミイレなどの仕上げの後に開いた状態で接着することにします。キャノピーが付いたら、キャノピーの前に空中給油用のプローブを取り付けました。窓枠の接着の時に少し接着剤を付けすぎたようで、流れた接着剤で汚れてしまったので、筆塗りでタッチアップしておきます。

翼端灯

翼端灯の塗装

説明書には書かれていないのですが、翼端灯を塗り分けました。翼端灯は右側がブルーで左側がレッドです。下地に銀を塗ってからクリアレッドとクリアブルーで塗装しました。

その他のパーツの塗装

キャノピーなど残りのパーツの塗装

折りたたんだ翼を支える支柱や乗り込むためのステップを塗装しました。これですべてのパーツの準備ができたので次回はスミイレとウエザリング、そして最終の組み立てをします。なんとか完成までいければと思っています。

(全作品完成まで あと125)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »