トップ飛行機アメリカ海軍/海兵隊・A-6Eイントルーダー Op.462 制作開始

« »

アメリカ海軍/海兵隊・A-6Eイントルーダー Op.462 制作開始

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : タミヤ Post : 462-1


アメリカ海軍/海兵隊・A-6Eイントルーダー 1/72 タミヤ

グラマン・A-6Eイントルーダーはアメリカ海軍と海兵隊が使用した全天候の攻撃機です。大きなレーダーを搭載したため頭が大きくなったため、操縦手と爆撃手が横に並ぶ並列復座となりました。このレイアウトは空気抵抗が大きくなり速度こそでなくなるのですが、両クルーの意思疎通がしやすくなるなどメリットもあったそうです。そもそも地上のターゲットを狙う攻撃機ですから、そんなにスピードは重要じゃないですよね。

キットはタミヤの1/72です。タミヤと言ってもイタレリのキットにタミヤのマークを付けてタミヤから発売されているもので、4年前の静岡ホビーショーの時にタミヤ本社のオープンハウスで購入したものです。たぶん半額セールだったような記憶があります。1/72とはいえ復座の現用ジェット機ですから結構作り甲斐のあるサイズかと思います。ロービジって言うんですか、国籍マークなんかもコントラストがハッキリしないぼんやりとした塗装の機体を作ります。これも初めてなので楽しみです。

ではさっそく制作に入りましょう。

機体内部の組み立て

コクピットの組み立て

飛行機は機体を貼り合わせることから始まるのですが、そのためには機体内部に仕込むパーツを組み立てて塗装しておかないといけません。まずはコクピットの組み立てです。コクピットはそれほどパーツが多くないのですが、それでもなかなかの出来です。1/72ですからね、これくらいで十分です。あんまりやり過ぎても見えませんからね。

機体内部の組み立て

機体内部の組立てと言うよりは、機体内部に仕込むパーツを用意します。エンジンの吸気口や排気口からチラリと見えるジェットタービンなんですが、こんな簡単なものでもあると無いとじゃ大違いですよね。次回はこれらのパーツを塗装して機体を貼り合わせようと思います。

(全作品完成まで あと125)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »