トップ自動車ポルシェ911ターボ’88 その5 ボディの研磨

« »

ポルシェ911ターボ’88 その5 ボディの研磨

Category : 自動車

Scale : 1/24 Maker : タミヤ Post : 463-5


ボディの研磨

インテリアも含めてシャーし部分が完成したのでいよいよボディの研磨に入ります。クリアをオーバーコートしてから2週間以上経過していますから塗膜は十分に強くなっていると思います。もともとメタリックはテカテカにしてもソリッドカラーほど分かりませんが、それでもちゃんとペーパーとコンパウンドを使って磨きました。

詳しくはつづきをどうぞ…

ペーパーがけ

ペーパーがけ

まずは微妙に波打っているであろう表面をペーパーをかけることで平らにします。ペーパーは800番、1500番、2000番、4000番、6000番と使います。800番は念入りにかけますが、やりすぎて下からシルバーが出てこないように注意しています。番手が大きくなるにつれてペーパーがけの時間はだんだん短くなっていきます。最後の6000番はほんの気持ちですね。ペーパーがけが終ったらすっかりツヤ消しになりました。

コンパウンド

タミヤのコンパウンドをつかって研磨します。ちゃんと粗目、細目、仕上げ目の順で磨いていきます。番手を変えると最初は引っかかりがあるのですが、表面がなめらかになるとスッと力が抜けるのでツルツルになったことがよくわかります。コンパウンドはたっぷり付けて磨きます。

私は布もタミヤのコンパウンド用クロスを使っています。別に柔らかい布ならなんでもいいのですが、コンパウンドと同じ色がついた3枚セットなので重宝しています。これならば間違えませんからね。随分汚れてきたのでそろそろ洗ってやらないといけませんね。

ボディの研磨

ボディの研磨が終りました。照明がクッキリと映り込むくらいになったのですが、写真の腕が悪く、カメラで撮るとボディにピントがあっているせいか、映り込んでいる照明はピンぼけになってしまっています。でもほんとは結構テカテカなんですよ。

次は窓枠やバンパーなどを塗分ける作業になるのですが、全体をマスキングしなければいけません。これがなかなか大変な作業になりそうです。まぁ、コツコツと進めることにします。

(全作品完成まで あと124)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »