« »

Sd.kfz.251/20ウーフー その5 車体の組立てとサフ吹き

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : AFVクラブ Post : 85-5

SD.kfz.251/20ウーフー 車体の組立てとサフ吹き

Sd.kfz.251/20ウーフー 車体の組立てとサフ吹き

ココログのメンテナンスで更新ができませんでした。と言っても、制作もガックリペースが落ちてまして、更新の必要もほとんどありませんでしたけどね。

車体にいろいろと取り付けて、車体周りの最後の組み立て作業に入っていたのですが、なんと車体サイドの雑具箱と車体の間にとんでもなく隙間ができてしまいました。バリのように見えていた部分をヤスリでごりごりと削ったのが良くなかったみたいです。しかたがないので光硬化パテで埋めることになりました。

パテを使えばキレイに埋まるのですが、エッジをちゃんと出そうと思うとヤスリで角を当たってあげなければなりません。しかし、ここにはリベットがプチプチと並んでいます。リベットを避けてヤスリをかけることは不可能です。いろいろと悩んだあげく、リベットごと真っ平らに削り取ってしまいました。無くなったリベットはもう一度復活させなければなりません。伸ばしランナーで作ったリベットをもう一度貼り付けておきました。

いつもはサーフェイサーは吹かないのですが、仕上がりが気になったので吹いてみました。溶接痕と共にまずまずのできです。あ~良かった。

ヘッドライトや赤外線ライト、赤外線暗視装置にソフトワイヤーで電源コードなどを付けておきました。ネットで見た写真やイラストでは、ドライバー用の暗視装置のコードは窓からとか車体の上から車内に引き込まれているのですが、箱絵を見ると、どうやらボンネットの上の突起にコードが吸い込まれているように見えます。そこでこの突起の付け根にくっつけておきました。

これで組み立て作業は95%ほど完了です。残りは赤外線探照灯を脚の上に乗せて、細かなパーツを取り付けるぐらいです。こちらは車体の迷彩塗装の後に取り付けようと思っています。

そういえば、そろそろフィギュアを用意しなければなりません。今回は新しく用意しません。今まで作った中で失業中、もしくは失業しかかっているフィギュアさんに来てもらうことにします。どんな人がくるかは後のお楽しみ・・・ってほどのことではない(+_+)\バキッ!

(全作品完成まで あと9)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »