トップAFVドイツ8.8cm対空砲Flak36 Op.40 制作開始

« »

8.8cm対空砲Flak36 Op.40 制作開始

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 40-1


88mm砲Flak36 1/35 ドラゴン

88mm砲Flak36 1/35 ドラゴン

新年最初の、そして記念すべき40作品目はドラゴンの人気キット『88mm砲FLAK36』です。88mm砲にはさまざまな逸話があり、連合軍から最も恐れられた兵器だったのですが、もともとは対空砲として開発されたものでした。

高速で高高度を飛ぶ飛行機を打ち落とすためにすばらしい性能を持った大砲だったのですが、それゆえ地上をのろのろ進む戦車なんぞは何でもない敵だったのでしょう。超高速の砲弾であらゆる戦車を相手の射程距離外から叩き潰すことができた88mm砲ですが、最大の弱点はその大きさだったかも知れませんね。据え付けて使う高射砲として開発されただけに、動かすのは一苦労だったと思います。でもそれゆえ、そのメカメカしさと迫力が魅力なんですよね。

キットに関してですが、88mm砲といえばタミヤの古いキットが超有名で、私も中学生のころに作ったことがあります。プラモ復帰後に一度は作ろうと思っていたのですが、昨年ドラゴンからこれを超えるキットが発売されました。今回製作するのはこのドラゴンのキットです。

21世紀の88mm砲キットに相応しく、エッチングパーツやアルミの砲身も同梱されるなど非常に濃い内容です。これだけの内容で3000円代の価格はとってもお買い得な感じがします。その後に発売されたFLAK37なんかは人形が付いていませんからね。タミヤのキットの1.5倍の価格なんですが、ちっとも高いと思えません。

ただ最大の問題は私がいまいる場所です。自宅を遠く離れた妻の実家に家族で来ていまして、31日以来もう3日もプラモに触っていません。明日の夜には自宅に戻るのですが、明々後日には信州旅行に出発です。古畑任三郎も観たいし・・・

プラモ製作に再参戦して以来、3日もプラモ製作を空けたのは初めてです。2泊3日でキャンプに行ったときも帰ったその日に作ってますからね。いつになったら製作を開始できるやら。
あ~早く88mm砲を作りた~い!

(全作品完成まで あと14)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »