トップAFVドイツ8.8cm対戦車自走砲ナスホルン その8 迷彩塗装、細部の塗分け、デカール貼り

« »

8.8cm対戦車自走砲ナスホルン その8 迷彩塗装、細部の塗分け、デカール貼り

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 83-8


8.8cm対戦車自走砲ナスホルン 迷彩塗装、細部の塗分け、デカール貼り

8.8cm対戦車自走砲ナスホルン 迷彩塗装、細部の塗分け、デカール貼り

今日は迷彩塗装です。ナスホルンの迷彩ではよく作例で見かける、ふわふわ模様の三色迷彩です。地色のダークイエロー部分を多く残した迷彩です。

実は次に迷彩塗装をするときは薄く下絵を描いてからエアブラシを吹こうと思っていたのですが、この迷彩では下絵は描けません。と言うか、必要ありませんね。ドイツ軍の迷彩の中では一番簡単な部類になります。適当にグチャグチャと吹き付けていれば良いのですからね。

地色のダークイエローの明度をかなり上げてありますから、オリーブグリーンとレッドブラウンも白を混ぜて明度を上げてあります。また地色とのなじみをよくするために、隠し味にダークイエローも少々混ぜてあります。以前これを怠ったために迷彩が浮いた印象になったことがあります(作品50 ティガー1後期生産型)

迷彩は薄くふわふわと吹いていくだけですから、本当に少量ですみます。作業時間も非常に短く、2色合わせても15分程度でしょうか。そのうえ、軽く吹いていますからあっという間に乾燥しています。それでも水性アクリルは十分に乾燥するまでは塗膜が弱いのでしばらく放置します。

その間に履帯の塗り分けをします。転輪ゴム部分を塗り分け、履帯をメタルカラーでリタッチし、さらに車体色部分をリタッチし・・・を繰り返します。途中で疲れてきたので今日は片側だけで止めておきます。

このまま一晩かけて乾燥させました。ここまでが昨夜の作業です。今日の夜にウエザリングに入るためにはデカールを貼って乾燥させておかなければなりません。そのため今朝は早起きしてデカールだけ貼っておきました。これで安心して仕事に取りかかれます。早くウエザリングをしたい一心で早起きまでする自分にあきれています(+_+)\バキッ!

(全作品完成まで あと10)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »