トップ飛行機ボーファイターTF.Mk.10 その6 サフ吹きと白帯

« »

ボーファイターTF.Mk.10 その6 サフ吹きと白帯

Category : 飛行機

Scale : 1/48 Maker : タミヤ Post : 149-6


ボーファイターTF.Mk.10 サフ吹きと白帯

ボーファイターTF.Mk.10 サフ吹きと白帯

いよいよ本格的に塗装開始です。まずは全体にサーフェイサーを吹いてみます。使ったのはクレオスの#1200です。これを薄めてエアブラシでシューします。ところどころに付いた傷やホコリは#1500のペーパーでキレイにお掃除をし、さらに上からエアブラシでサフを吹きます。いや~、美しいですね。完璧です(あくまでも当社基準です)!!

hiroz教授のムニュ接着は完璧です。いままでパテを使ったりして接着の筋を消すのに必死でしたが、72時間の硬化待ちというだけでこれほど完璧に接着ラインを消せるのです。

一晩おいてサフが乾いたので、今度は白帯を吹きます。ノルマンディ上陸作戦の頃、連合軍の飛行機には大きな白黒の帯が描かれていたそうです。迷彩塗装もびっくりするほどの識別マークですが、なにしろ史上最大の多国籍軍ですから、間違えて見方に撃たれちゃかないませんからね。

キットには黒帯のデカールは入っているのですが、下地の白帯は自分で塗りなさい、と言うことらしいのです。ですから、とりあえず白帯をブワっと塗装して起きました。

それにしても白の塗装は難しいですね。塗っても塗っても真っ白になりません(右の翼がさらに白くないのはカメラの加減です)。 ですが、この上から黒帯が入るのと、最終的にはウオッシングで若干汚しますから、純白じゃなくてもいいんです…と強がる(+_+)\バキッ!

(全作品完成まで あと43)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »