トップ自動車ヤマハ・YZR-M1’09 その12 ライダーの顔の塗装

« »

ヤマハ・YZR-M1’09 その12 ライダーの顔の塗装

Category : 自動車 フィギュア

Scale : 1/12 Maker : タミヤ Post : 248-12


yzrm1_12yzrm1_12_2yzrm1_12_3

ライダーの顔を塗装します。下地にラッカーで肌色を吹き付けておいてその上に水性アクリル塗料のアメリカーナで仕上げていきます。まずは全面に肌色を塗ります。

続いて茶色で影を描き込みます。水性アクリル塗料は水での溶き加減で透明度を調整できますから、影の濃さを再現できます。

次にさらに濃い焦げ茶で一番濃い影を入れます。また白目を入れました。
yzrm1_12_3_1yzrm1_12_4yzrm1_12_5

最初の肌色を薄めに溶いてグラデーションがなめらかになるようにします。水性アクリル塗料はエナメルや油彩のようにブレンディングができませんから、塗料の濃淡でグラデーションを表現します。

次にさらに濃い焦げ茶で一番濃い影を入れます。また白目を入れました。黒目というか青目を入れます。また二重まぶたや目玉の周囲に影を入れたり、光の当たる部分にハイライトを入れます。また唇にほんの少し赤い色を乗せます。そして最後に眉毛を入れました。ロッシ選手は薄い髪の色をしていますから(髪の色が薄いんです、髪が薄いんじゃありませんよ、ロッシ選手の名誉のために注記します(笑))、眉の色もほんのりとです。

最後にヘルメットをかぶせ、ヘルメットの合わせ目にホワイトパテを塗って一段落です。

隙間埋め

ヤマハ・YZR-M1'09 エポパテで隙間埋め

ヤマハ・YZR-M1’09 エポパテで隙間埋め

しっかりと固定された手足には残念ながら隙間が出来ています。それも私の組み立てが悪いせいか、多少広い隙間ができてしまいました。こんな広い隙間を埋めるにはエポパテが一番で、タミヤの速硬化タイプを練り込みました。硬化後に整形するのは大変なので、なるべく平らになるように盛りつけ、さらに指にアルコールを付けて表面をなでて平らにならしてやりました。これでヤスリがけはいらなくなるはずです。

(全作品完成まで あと97)

関連するコンテンツ

作品No.248の記事一覧

  1. ヤマハ・YZR-M1’09 フィアット・ヤマハ・チーム Op.248 制作開始 (2011年5月25日)
  2. ヤマハ・YZR-M1’09 その2 ボディの裏側、フレーム、ボディのサフ吹き (2011年5月26日)
  3. ヤマハ・YZR-M1’09 その3 エンジン (2011年5月27日)
  4. ヤマハ・YZR-M1’09 その4 メインフレーム、エンジン、メーターパネルの取り付け (2011年5月29日)
  5. ヤマハ・YZR-M1’09 その5 ボディの塗装と排気管 (2011年5月31日)
  6. ヤマハ・YZR-M1’09 その6 フロントフォーク、ラジエター、スイングアーム (2011年6月6日)
  7. ヤマハ・YZR-M1’09 その7 タイヤ (2011年6月7日)
  8. ヤマハ・YZR-M1’09 その8 ボディ2色目とデカール貼り (2011年6月8日)
  9. ヤマハ・YZR-M1’09 その9 デカール貼り (2011年6月12日)
  10. ヤマハ・YZR-M1’09 その10 ライダーフィギュアの組立て (2011年6月16日)
  11. ヤマハ・YZR-M1’09 その11 ライダーフィギュアのフィッティング (2011年6月18日)
  12. ヤマハ・YZR-M1’09 その12 ライダーの顔の塗装 (2011年6月19日)
  13. ヤマハ・YZR-M1’09 その13 フィギュアの塗装とウレタンクリア (2011年6月22日)
  14. ヤマハ・YZR-M1’09 その14 フィギュアのデカール貼り (2011年6月25日)
  15. ヤマハ・YZR-M1’09 その15 ボディの研磨と組立て (2011年6月26日)
  16. ヤマハ・YZR-M1’09 フィアット・ヤマハ・チーム その16 完成!! (2011年6月27日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »