« »

ランボルギーニ・カウンタックLP400 その3 サフ吹き

Category : 自動車

Scale : 1/24 Maker : アオシマ Post : 278-3

透け防止

透けるパーツシルバーで透け防止透けが防げたドアも透け防止

エンジンリッドの押し出しピンの跡はパテで埋めたのですが、こうしてみると透けて見えます。まぁ、これは後ろから照明を当てていますし、実際にはサフや基本塗装が乗りますからここまでは透けないと思いますけどね。

押し出しピンの跡が透けなくするために両面をシルバーで塗装しました。シルバーはもっとも薄い塗膜で隠蔽してくれます。

表面処理の最中に細い部品を折ってしまいました。裏からプラ板を当てて補強して合わせ目を消したのですが、また折らないように消しゴムを丁度良い大きさに切って挟みました。

蛍光灯にさらしてみても全く透けません。さすがはシルバーですね。あんまり関係ないかもしれませんが、ドアもシルバーで塗りました。窓枠がボディ色なので、そこの透け防止です。

ランボルギーニ・カウンタックLP400

エッチングパーツにマルチプライマーを塗る

車体の後端のパーツはエッチングパーツセットに置き換え用のパーツが入っていました。ボディと一緒に塗装した方が合理的なので、取り替えてガイアのマルチプライマーを筆塗りしておきました。

サフ吹き

ランボルギーニ・カウンタックLP400

サフ吹き

サフを吹きました。サフはガイアのホワイトサーフェイサーに黄色を混ぜて使いました。黄色を混ぜるのは基本色を塗るときに発色が良くなるようにとのことです。

ランボルギーニ・カウンタックLP400

サフ吹き

サフも3度ほど塗ったらパテの緑が完全に隠されました。ここからサフの乾燥にはいるのですが、サフの乾燥に必要な時間をネットで調べてみると、半日以上という意見が多い様でした。ただ理由はよくわかりませんが、あまり長時間おくのも良くないみたいなので、今回は3日ほど置いて表面を研磨することにします。つまり次の作業は6月1日ということになります。

(全作品完成まで あと89)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »