トップAFVアメリカLAV-25ピラーニャ その3 サフ吹き、基本塗装

« »

LAV-25ピラーニャ その3 サフ吹き、基本塗装

Category : AFV アメリカ

Scale : 1/35 Maker : トランペッター Post : 218-3


サフ吹き、影色吹き

LAV-25ピラーニャ サフ吹き、影吹き

LAV-25ピラーニャ サフ吹き、影吹き

サフ吹きにしてはチョイと変でしょ。実はサフの上から影色を吹いてあるのです。今回は国連軍の真っ白な車輌を作るつもりですから、影色はいつものチャコールグレーでは濃すぎて塗っても塗っても追いつかなくなる心配があったので、ホンの少しだけ赤系に振った中間のグレーであるMr.カラー317を影部分に吹き付けました。

実際には影部分だけに吹くとこれでもコントラストがつきすぎてわざとらしい影が残りそうなので、その後全体に吹いてグラデーションをなめらかにしました。

基本塗装

LAV-25ピラーニャ 基本塗装

LAV-25ピラーニャ 基本塗装

そして基本塗装です。フラットホワイトを全体に吹き付けていきます。ラッカーの隠蔽力はタミヤの水性アクリルほど強くないので、普通に吹いていっても影色が残ります。

それでも2度目3度目はパネルの中央を意識して吹き付け、さらに4度目あたりは車体の上方向からだけ吹きつけ、最後に車体の上方向のパネルの中央付近だけを塗りました。

写真ではなかなかわかりにくいのですが、これでほんのりと影の残った真っ白な車体になりました。

LAV-25ピラーニャ 塗料瓶と色味の比較

LAV-25ピラーニャ 塗料瓶と色味の比較

実際にどれほどの白さまで塗ったのかをわかるように塗料の瓶といっしょに並べてみました。結構グレーのままですよね。でも単体で見るとかなり白い印象になっているので、これで良しとします。

説明書の指示では国連軍の白はクレオスのMr.カラーの316番、オフホワイトです。フラットホワイトよりは若干クリーム色をした白でして、しかもツヤ有りです。今回まったくの真っ白を使ったのはウオッシングなどで少し色味が付いてしまうからでして、さらにつや消しなのは・・・うっかりしてました(+_+)\バキッ!

まぁ、デカール貼りの後でツヤの調整をしますから、その時に半ツヤにでもしてみます。まるっきりのグロスじゃね~

(全作品完成まで あと84)

秋の休日

愛知県犬山市・リトルワールド

愛知県犬山市・リトルワールド野外民族博物館

最近トレッキングを始めた根生家ですが、末娘に本格的なトレッキングシューズを買い与え、そのテストも兼ねて犬山市にあるリトルワールド野外民俗博物館に行ってきました。

まだ紅葉には少しだけ早く、一部分しか色づいていませんでしたが、好天にめぐまれ、お父さんは世界のビールとグルメに舌鼓を打ち、娘達は民俗衣装のコスプレにと楽しい休日となりました。

もう1~2週間もすればメタセコイアがキレイに色づき、きっと見頃でしょうね。

最近の山歩きで鍛えられたせいなのか、それとも全員が履いているトレッキングシューズのせいなのか、今日はあの広大な敷地を全部徒歩で制覇したにもかかわらず、まるで足にきていません。いつもは巡回バスの1日乗車券を買うのですけどね。

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »