トップAFVドイツ計画駆逐戦車E-10 その10 ウオッシング

« »

計画駆逐戦車E-10 その10 ウオッシング

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : トランペッター Post : 238-10

計画駆逐戦車E-10 ウオッシング

計画駆逐戦車E-10 ウオッシング

ウオッシングを行います。ここまでかなり黄色が強い入り会いだったのですが、焦げ茶色でウオッシュしますから、ダークイエローは赤みがかり、オリーブグリーンはくすみ、レッドブラウンはさらに赤くなります。このあたりの仕上がりを考えて最初の色を決めるのですが、なかなか思った通りになってはくれません。今回は少々赤すぎたかもしれませんね。

計画駆逐戦車E-10 ウオッシング

計画駆逐戦車E-10 ウオッシング

ウオッシングはいつものウナギのタレウオッシングです。かなり濃いめのエナメルのセピア(フラットブラック+フラットブラウン少々)を塗りつけ、すぐに溶剤を染ませた綿棒で拭き取ります。表面がつや消し塗装ですから、塗膜の凸凹にウオッシュ液の塗料がひっかかり、色が残ります。これがフィルター効果になるんですね。

入り隅には塗料が濃いめに残るので、これがウオッシュの効果となります。

さらにボルトの周囲などには面相筆でエナメルのセピア(先ほどのウオッシュ液よりは3倍ほど薄い)を流し、墨入れとします。

装甲板には雨だれが流れた跡を筆で描いていきます。この作業は筋筋のことを英語でStreak(ストリーク)ということから、ストリーキングとも呼ばれていますが、どうもストリーキングというと全裸で人前を走り抜ける行為(実は綴りはまったく同じです)を思い出してしまいます(笑)。

AFV模型を作る人以外には、『昨日オレ、ストリーキングしてさ・・・』なんて話をしてはいけません(爆)。

計画駆逐戦車E-10 シュルツェンのストリーキング

計画駆逐戦車E-10 シュルツェンのストリーキング

シュルツェンはもろストリーキングです。思いっきり素っ裸(+_+)\バキッ!
・・・じゃなくって、しましまです。

ストリーキング用フィルバート・コム

ストリーキング用フィルバート・コム

これだけの縞を筆でいちいち描いていては大変です。そこで登場するのがこの、フィルバート・コムという筆です。フィルバートというのは先が丸くカットされた平筆のことで、コムというのは櫛のことです。要は櫛のように毛先がまばらになった先丸平筆なのです。

これに墨をつけて数回こすってやるとあっという間にストリーキングです。

これだけストリーキングを連呼すれば、このブログもそっち系の人の検索にかかるかもしれませんね(笑)。
何かを期待してこのサイトを訪れたストリーキングマニアのみなさん、ごめんなさい(爆)。

計画駆逐戦車E-10 車輪のスミ入れ

計画駆逐戦車E-10 車輪のスミ入れ

ホイールもウオッシングです。ホイールはかなり汚れた感じに仕上げるため拭き取りをしません。そのかわりウナギのタレではなく、少々薄めのウオッシュ液(墨入れと同じくらい)を使いました。

まだ十分に乾いていませんね。これが乾く明日にはドライブラシをしましょう。

(全作品完成まで あと91)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »