トップ自動車ニッサン・S30フェアレディZ その4 ボディの塗り分け

« »

ニッサン・S30フェアレディZ その4 ボディの塗り分け

Category : 自動車

Scale : 1/24 Maker : アオシマ Post : 455-4


ボディの塗り分け

ボディに付けられたオーバーフェンダーやフロントのバンパーと一体となったスポイラー、そしてリアバンパーとリアのスポイラーなどがガンメタルで塗装されています。これがなかなか良いアクセントになっています。ボディ基本色のワインレッドがしっかり乾いてきたころなので、マスキングをして塗り分けました。

詳しくはつづきをどうぞ…

マスキング

マスキング

塗装する部分を残して全体をしっかりとマスキングします。フェンダーのカーブは曲げられるマスキングテープを使いました。今回初めて使うので心配だったのですが、けっこうちゃんとカーブになってくれます。ヘッドライトの部分は下が空洞なのでしっかりと隙間が閉じていない可能性があるので、マスキングゾルを塗って目止めしてあります。

マスキングの染み込み防止

マスキングの染み込み防止

マスキングテープの境目は小さな埃がついていたりとかシワが寄っていたりとかでわずかな隙間ができると塗料が染みこんだりします。そうなると台無しになるのでまずは染み込みを防止します。簡単な方法として下地の色を一度境目に塗ります。そうすれば万が一染みこんでも下地と同じ色なので目立たない上、これが固まると目止めとなって次の塗料をブロックしてくれます。

フェンダーなどの塗装

フェンダーなどの塗装

ガンメタルのフェンダーやバンパーなどを塗装します。クレオスのMr.カラーの28番の黒鉄色を使いました。この色は隠蔽力が強いのでしっかりと塗れます。良い感じのツヤ有りカラーですね。

リアバンパーとスポイラーの塗装

リアバンパーとスポイラーも塗装しました。バンパーには角にパッドが埋められているので、その部分はつや消し黒を筆塗りしました。

ボディの塗り分け

マスキングテープを剥がしてみました。キレイに塗り分けられいます。今回は染み出しなどの失敗はありませんでした。まずまずですね。さらに乾燥を重ねてからボディの研磨に入ります。

(全作品完成まで あと126)

 

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »