トップAFVドイツ1tハーフトラック3.7cm対戦車自走砲 その5 3.7cm対戦車砲の組み立て

« »

1tハーフトラック3.7cm対戦車自走砲 その5 3.7cm対戦車砲の組み立て

Category : ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 475-5


3.7cm対戦車砲の組み立て

1tハーフトラック部分の組み立てが完了したので次は上に乗る3.7cmPak35/36対戦車砲を組み立てます。以前タミヤの古いキットをエッチングパーツを使ってディテールアップして作ったことがあるのですが、今回はこの砲が主役というわけではないので特に手を入れずにこのままで使います。

Pak35と36の違いは車輪が木製スポークなのか鉄製かのようなので、このキットの様に車輪が外されているといよいよどちらか分かりませんよね。

詳しくはつづきをどうぞ…

砲架の組立て

砲架の組立て

まずは砲架を組み立てます。車輪を外してハーフトラックに乗せるようになっているので、改造箇所はそこだけです。ひとつパーツを飛ばしてしまって見つからないので、プラ棒とプラ板でそれらしく作りました。

砲身、防盾、揺架の組み立て

砲身、防盾、揺架の組み立て

砲のその他の部分を組み立てました。古いキットからの流用なのかモールドは少しダルい感じがするのですが、それでも極小さなリベットまでわりとちゃんと再現されています。

砲の組み立て

砲の後ろ側です。揺架は上下に俯仰するようにはなっていますが、古いキットなので照準器などは砲架に固定されていて動きません。そのため揺架は塗装が終わったら角度を水平に固定して接着するよていです。

防盾の加工

以前作ったときは防盾は全てエッチングパーツに置き換えたのですが、今回はそのままキットの部品を使います。ですが、できる限り薄くするためにエッジを半分くらいまで削りました。

組み立て完了

組み立て完了

キットのパーツではまだ履帯が残っていますが、とりあえずそれ以外は組み立てが完了です。ここからはまず塗装を済ませてから組み立てていきます。次回は車体の塗装です。

(全作品完成まで あと124)

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »