« »

ポルシェ・ターボRSR934 イエーガーマイスター その3 シャーシの制作

Category : 自動車

Scale : 1/24 Maker : タミヤ Post : 481-3

シャーシの制作

ボディの乾燥待ちの間にシャーシの製作を進めます。前回まででパーツを切り出して整形までしてあったので、今回は塗装と組み立てです。

詳しくはつづきをどうぞ…

パーツの塗装

 

マスキング

パーツを塗っていきます。シャーシについているこの部分はクロームシルバーで指示されているので、ここはエアブラシで塗装します。メッキシルバーはエアブラシ専用のやつがギラギラでいいんですよね。下地としてツヤ有りの黒を塗ってからメッキシルバーを軽く吹きます。

シャーシパーツの塗装

他のパーツも塗っていきます。だいたいエアブラシでざっくり塗ります。2色以上使って塗り分けるパーツは筆塗りで塗り分けます。この写真を撮影してから気づいたのですが、リアのダンパーはクロームシルバーだったので、ラジエターと同様にツヤ有り黒を塗ってからメッキシルバーを塗ります。またブレーキは黒鉄色で塗ってありますが、メタリックグレーがメインだったので、塗り直しました。

フロントの組み立て

フロントアップライトの組み立て

フロントアップライトとラジエターなど車体の前の方を組み立てました。タミヤ製品は簡単にカッチリと組み上がるので気持ちがいいですね。

リアの組み立て

リアの組み立て

エンジンに付く排気管やリアのアップライトを組み立てます。エンジンはこれだけ大きいのでマスキングして塗り分けようかとも思ったのですが、タミヤのフラットアルミは筆塗りでも非常に塗りやすくほとんど筆目が出ないので筆塗りで塗り分けてみました。わりとキレイに塗れたのでこれでOKです。

シャーシの制作

シャーシ全体です。鮮やかなオレンジ色に黒とシルバーのコントラストがいいですね。オレンジが鮮やかすぎて少しオモチャっぽくもありますけどね(;^ω^)

それにしてもリアアクスルのさらに後にエンジンがあるなんてとてもレーシングカートは思えないレイアウトです。これでメチャメチャ早いんですからどうなってるんだか・・・ですね。この設計は天才の成せる技なんでしょうね。

塗り忘れ

塗り忘れ

塗り忘れ、と言うか、付け忘れたパーツがあるのを発見しました、。せっかく塗ったのにまた塗り直しです。ちゃんと説明書を最後までチェックしそこなっていたんですからしかたがないですね。ついでなのでボディの表面をチェックしたらまるで見えませんが青丸の中に埃がありました。他にも数カ所あったので、2000番のペーパーで埃を削りとっておきました。まだ下地がでていないので、塗り直しってほどじゃないのですが、せっかくなのでもう一度上から塗ります。

重ね塗り

補修した部分を再度塗装し、さらに全体を薄めた塗料でビショビショに塗りました。このまままた数日かけて乾燥させます。前に塗ってから5日経っているのですが、これが全部パーですね。もう一度乾燥させ直すので、1週間くらいは放置になります。1〜2日はキャビンの制作をするのですが、その後は別のキットに手をつけましょうかね。

(全作品完成まで あと118)

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »