« »

ポルシェ・ターボRSR934 イエーガーマイスター その4 タイヤとコクピット

Category : 自動車

Scale : 1/24 Maker : タミヤ Post : 481-4

タイヤとコクピット組み立て

ボディの乾燥待ちにそれ以外の箇所をどんどん進めます。今回はホイールの塗装してタイヤを組み立てたのと、コクピットのパーツの切り出しと整形をしました。

詳しくはつづきをどうぞ…

タイヤの制作

タイヤの制作

シャーシの制作で残っているタイヤを作りました。ホールはメッキパーツ用意されているので、シルバーの部分は塗装しなくてもよく、金色の部分とナットの中央部分だけを塗り分けるだけです。金色の部分はタミヤエナメルのゴールドリーフを筆塗りしました。メッキの上から直接塗ると剥げやすいのですが、奥まっているので大丈夫かと思います。タミヤのゴールドリーフを使うのは金色の色味が好きだからです。いつも使っているクレオスのMr.カラーは扱いやすさで好きなのですが、あの金色はどうも好きになれないんですよね。

コクピットの組み立て

コクピットの組み立て

コクピットを組み立てます。パーツ数はそれほど多くないのですが、窓越しに見える範囲としては十分な再現度かとおもいます。レーシングカーということで質実剛健で飾り気が無く、ロールバーがある以外はとてもシンプルです。座席も1つしかありませんしね。

コクピットのパーツの準備

いくらほとんどまっ黒とはいえ、多少の塗り分けはあるので、それぞれのパーツは仮り組み状態です。座席はツヤ消し黒で、それ以外は全部半ツヤの黒です。多少塗り分けが必要な部分もあるのですが、それらを塗り分けたら組み立てですね。

赤丸で囲った部分にはペダルがあるのですが、ペダルの踏み込み面はエッチングパーツを貼ってます。ほとんど見えなくなる箇所なんですけどね。

ボディを載せてみた

せっかくなのでボディを乗せてみました。非常に鮮やかなオレンジとインテリアの黒一色が対照的です。次回はコクピットを塗装して組み立てる予定ですが、まだまだボディの乾燥には時間がかかるので、次の作品の準備も始めたいと思っています。さて次は何に手を付けようかな・・・

(全作品完成まで あと118)

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »