トップAFVドイツドイツ・4号突撃砲 その8 戦闘室内部の仕上げ

« »

ドイツ・4号突撃砲 その8 戦闘室内部の仕上げ

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 242-8


砲尾の塗装

4号突撃砲 砲尾の塗装

4号突撃砲 砲尾の塗装

履帯の形が固まるまでに戦闘室の組み立ての準備をします。まずは真っ白に塗ったままになっていた砲尾を塗り分けます。まぁ、完成後はハッチから見える程度ですからそこそこ塗り分ければ十分ですね。

さらに戦闘室の内側には前に塗り分けた無線機を貼り付けておきます。これで戦闘室内部の組み立てと塗り分けは完了ですね。

履帯その後

4号突撃砲 履帯

4号突撃砲 履帯

一夜明けて接着剤も固まった頃なのでティッシュを抜いてみました。しっかりと形がついています・・・というか少しは戻るかと思ってキツメに波打たせたのですが、そのまま固まってしまいました。ちょいと弛みすぎですね、ソ連戦車じゃないんですから(汗)。

細部の塗分けと戦闘室の仕上げ

4号突撃砲 OVM等の塗分け

4号突撃砲 OVM等の塗分け

OVMや予備履帯を塗り分けておきます。戦闘室やエンジンデッキを塗り分けてしまうと筆が持って行きにくい場所があるので、先に塗り分けた方がいいですね。ドラゴンはパーツの合いが良いので、最後の最後まで大きなパーツを接着しないでもいけるので助かります。

4号突撃砲 戦闘室の仕上げ

4号突撃砲 戦闘室の仕上げ

戦闘室内部の仕上げとしてうっすらとウオッシングをしておきました。砲尾の細かなパーツや無線機のラックの取っ手なんかのディテールが浮き出て良い感じです。ドラゴンがせっかくモールドしてくれている細かなパーツが生きてきます。

OVMを仕上げれば明日にも戦闘室やエンジンデッキを車体に接着できます。なんとか今週中には仕上げて次に行きたいですね。5月のお題は遅刻無しで行きますからね。

(全作品完成まで あと96)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »