トップAFVドイツドイツ・4号突撃砲 その9 車体上下の接着とシュルツェンステーの取り付け

« »

ドイツ・4号突撃砲 その9 車体上下の接着とシュルツェンステーの取り付け

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 242-9


車体上下の接着

4号突撃砲 車体上下の接着

4号突撃砲 車体上下の接着

シュルツェン・ステーの取り付けの前にエンジンデッキと戦闘室を車体に接着します。主砲の取り付けがなかなかやっかいで、戦闘室を接着してしまうと砲尾がどうあがいても入れることが出来ません。さらに砲尾を車体に接着してしまうと砲身を取り付けることが出来なくなります。まぁ、なんてややこしいんでしょう・・・

そんなわけで、最初に砲尾を戦闘室の穴に通し、そのブラブラの状態で砲身を先に砲尾と接着します。次に戦闘室パーツを車体に接着し、最後に砲尾を床に固定します。その後照準器や砲隊鏡などを取り付ければできあがりです。

この後天板を接着しますから、この中身はこれが見納めですね。

シュルツェン・ステーの取り付け

4号突撃砲 シュルツェン・ステーの取り付け

4号突撃砲 シュルツェン・ステーの取り付け

別に塗装しておいたシュルツェン・ステーを取り付けます。車体に仮組みして形を決めてありますからバッチリ取り付けることが出来ました。このような細長いパーツは箱の中に長い時間置かれていると変形することがよくあります。やっぱりプラモは入荷したてを買って、すぐに組み立てるのがいいですね。このキットはお店に入荷してから今日まででもまだほんの2~3ヵ月ですからね。変形は免れています。在庫をお持ちのみなさん、早く作ったほうがイイですよ。

(全作品完成まで あと96)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »