« »

イギリス・クォード・ガントラクターCMP FAT-2 その9 完成!!

Category : 完成 AFV イギリス

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 273-9

ウエザリング

車体下面の汚し

車体下面の汚し

ピグメントを使って足回りを中心に汚します。アクリル溶剤で溶いたモデルカステンのミリタリーピグメントを全体に塗り、乾いたら堅めの筆でこすって落とします。車体には溶剤を垂らして染みを作ったりもしました。タイヤに付いたピグメントは溝の中以外はほとんど落としてしまいます。

クォード・ガントラクターCMP FAT-2

屋根のキャンバス

屋根の上に乗るキャンバストップも塗装します。ウオッシングとドライブラシをしたのですが、ドライブラシがチョッといやらしかったですね。止めとけばよかった(^^;)

クォード・ガントラクターCMP FAT-2

チッピング

チッピングも入れました。いつもの通りスポンジを使ってポンポンするだけです。ちゃんと描くよりは・・・ですが、お手軽なのがいいですね。

完成!!

イギリス・クォード・ガントラクターCMP FAT-2 1/35 タミヤ

イギリス・クォード・ガントラクターCMP FAT-2 1/35 タミヤ

これにて イギリス陸軍 クォード・ガントラクター CMP FAT-2 の完成です。丸っこくてカワイイですね。ミッキーマウスと呼ばれる迷彩パターンもかわいらしさを倍増させています。ちなみにドイツ軍の迷彩パターンはうちの子どもたちにはヘビみたいと言われて不評です。私が決めたんじゃないのに・・・

タミヤの古いキットもたまにはいいですね。完成度の高さよりも、作る事を楽しめます。でもこういうコンセプトのキットって売れないんだろうな・・・エデュアルドのウイークエンドシリーズが気になるんですよね。気軽に作れるって言うコンセプトの飛行機シリーズです。今度買ってみようかな。

クォード・ガントラクターCMP FAT-2

相棒の25ポンド野砲Mk.2と並べてみました。本来ならジオラマにするとカッコいいと思っていたのですが、砲が遙かな方にあってかすんで見える(大げさ)ので分かると思いますがかなりのサイズになってしまいます。最近、完成品置き場に困っている標準的な日本の家庭としてはこれはもう無理です。

そんなわけで、久しぶりにインチキ合成写真を作ってみました。あまりに久しぶりでPhotoshopで背景と合成するやり方を忘れてしまっていたほどです。クォードの影がちゃんと地面に落ちてるでしょ。これがミソなんですよ。

高い車高に大きなタイヤ、広いトレッドに短いホイールベース。その結果ダンゴムシのようにまん丸な車輌ができあがりました。背中は荷物や砲架を乗せるために斜めに大きく切り取られています。これがますます形をかわいらしくしています。車高が高いでしょ。イギリス軍ではハーフトラックの開発を止め、牽引車は大きなタイヤの4WD車を使う事にしました。そりゃこの方が機構がシンプルでいいですよね。運転席のドアと天井の扉は開けてみました。p6一応ボンネットは外せるようになっています。サクッと作ったエンジンも割と見えますね。資料があればディテールアップもオモシロイかもしれませんね。

(全作品完成まで あと87)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »