トップAFVドイツヘッツァー駆逐戦車初期型 その3 インテリアがほぼ完成

« »

ヘッツァー駆逐戦車初期型 その3 インテリアがほぼ完成

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : エデュアルド Post : 47-3


ヘッツァー駆逐戦車初期型 インテリア

ヘッツァー駆逐戦車初期型 インテリア

インテリアがほぼ完成してきました。小さな戦車にもかかわらず、中身がぎっしり詰まっているので結構重く感じます。

それにしても真っ白な壁は作業をしていくとだんだんと薄汚れていってしまいます。本当ならもっと注意してさわらなければならないのでしょうが、日頃からAFVばかりを作っているのでそんなことには無頓着になっています。こんな調子ではピカピカに仕上げなければならない自動車のプラモなんかは私には無理ですね。少々汚してもへっちゃらなAFVが性にあっています。

素組のままでも大変精密感があり、ほとんどディテールアップの必要はありません。というか、したくても資料が無いのでできません。(^^ゞ
そんななかで、無線機とおぼしき機械類は説明書のまま真っ黒に塗っただけではさみしいので、ちょいと塗り分けてみました。また配線がつきそうな場所があったので、適当に銅線で配線をしてみました。なんの資料もなくまったくのでっち上げですので、よい子は決してまねをしないようにしてください。

ヘッツァー駆逐戦車 運転席操作パネル

ヘッツァー駆逐戦車 運転席操作パネル

これは運転席の前の壁です。計器類がカッコいいでしょ。このメーターパネルは紙に印刷されたメーターをエッチングパーツのパネルで挟んであります。エッチングパーツが嫌いな人はプラパーツとデカールで作ることも可能ですが、エッチングパーツの方がモールドがシャープでカッコいいですよ。

ヘッツァー駆逐戦車 車体の上下を合わせてみた

ヘッツァー駆逐戦車 車体の上下を合わせてみた

車体の上下を合わせてみました。狭い室内にメカがぎゅっと詰まっていて良い感じですよね。始めて知ったのですが、戦車ってハンドルがないんですね。ペダルは自動車と同じ3つなのですが、ハンドルの代わりになにやらレバーがついています。このレバーで左右の起動輪の回転数を変えて進行方向を変えるのでしょうか。

ヘッツァー駆逐戦車 砲弾ラックと無線機

ヘッツァー駆逐戦車 砲弾ラックと無線機

こちらは戦車長さんの座席のあたりです。おそらく前が大砲を操作する人で、後ろが戦車長さんなのでしょう。無線機やらなにやらがたくさんあります。

今はまだ隙間がありますが、ここに大砲と4体のフィギュアを入れたらさすがにギューギュー詰めでしょうね。小さな襲撃砲戦車も楽じゃありませんね。

(全品完成まで あと11)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »