トップ自動車タイレルP34 1976年日本GP その5 表面研磨とデカール貼り

« »

タイレルP34 1976年日本GP その5 表面研磨とデカール貼り

Category : 自動車

Scale : 1/20 Maker : タミヤ Post : 173-5


表面を磨く

タイレルP34 表面研磨

タイレルP34 表面研磨

ピカピカカーモデルの基本は表面をどこまでキレイに仕上げるかということらしく、hirozさんやみずのさんからいろいろとアドバイスを頂きました。

とにかく平らにしようと思い、#1500と#2000のペーパーで水研ぎをしたのですが、下地が充分に平らでなかったようで、一部塗装がはげてしまいました。そこをもう一度平らに直して、再塗装しました。

今度はあまりこすりすぎないようにして、仕上げにコンパウンドで磨きます。コンパウンドはタミヤの細目と仕上げを使いました。そしてピカピカになった車体を中性洗剤で洗ってコンパウンドを落とします。

デカール貼り

タイレルP34 デカール貼り

タイレルP34 デカール貼り

このキットにはいつものタミヤのデカール出はなく、カルトグラフ製のデカールが付属しています。カルトグラフのデカールは丈夫で美しく、しかも余白が極限まで少ないというすばらしい物です。

丈夫なデカールですから、貼り付けにはクレオスのマークセッターとマークソフターを使います。表面がツルツルですからデカールの密着が非常に良く、チョイとこするとぴったりとくっついてしまいます。位置決めを失敗したらアウトですね。

このままクリア吹きの前に十分な乾燥をさせるために3日ほど放置することにします。

(全作品完成まで あと67)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »