トップ飛行機A-10Aサンダーボルト2 その5 機体の整形

« »

A-10Aサンダーボルト2 その5 機体の整形

Category : 飛行機

Scale : 1/48 Maker : イタレリ Post : 225-5


A-10Aサンダーボルト2 凸リベットの再現

A-10Aサンダーボルト2 凸リベットの再現

A-10サンダーボルト2って機体の後ろ、エンジンのあたりや垂直尾翼のリベットは戦車とかに使われるような頭が飛び出しているリベットなんですね。なぜかはわかりませんが、実機の写真を見るとたしかにボコボコと飛び出しています。そしてキットでもちゃんとそのあたりは使い分けられていて、頭の出ているリベットと出ていないリベットがちゃんと再現されています。

通常飛行機の場合頭が出ていないので、合わせ目処理をした後は先のとがった物で押して消えてしまったリベットを再現するのですが、頭が飛び出たリベットの場合は小さなリベットを貼り付けてやらねばなりません。

1/48の飛行機のリベットは戦車のリベットに比べるとかなり細かく、伸ばしランナーを刻んで貼り付けます。このあたりはやすりがけで消えただけでなく、インジェクションキットの限界で、ほとんどモールドがありませんでした。

A-10Aサンダーボルト2 筋彫りの彫り直し

A-10Aサンダーボルト2 筋彫りの彫り直し

こちらは一昨日の作業で失敗した同心円のすじ彫りをやり直した部分です。今度はまずまず、うまく行きました。多少ずれてはいますが、まぁ、これくらいなら良しとしないとキリがありませんからね。

タミヤのクランプ

A-10Aサンダーボルト2 タミヤのクランプ

A-10Aサンダーボルト2 タミヤのクランプ

貼り合わせた翼を整形しようと思ったら、プラが変形していて、接着が剥がれてしまった箇所がありました。もう一度接着剤を塗るのですが、翼の上に他のパーツを付けてしまい、ゴムやテープで留めることができなくなってしまいました。

そこで活躍するのがホビーショーのタミヤブースで昨年購入したクランプです。大変優れもので、黒い鋼の棒のしなりで押さえるのですが、はめるのも外すのもワンタッチです。しかも力はなかなかの物ですよ。

タミヤ製ではなく、タミヤの社員がドイツのショーで見つけてきた物らしいのですが、よく売れたら製品にラインナップすると言っていたのですが、未だに新製品のアナウンスが無いところを見ると、売れなかったんでしょうね。便利なのにな~

(全作品完成まで あと76)

関連するコンテンツ

作品No.225の記事一覧

  1. フェアチャイルド・リパブリック・A-10Aサンダーボルト2 Op.225 制作開始 (2010年10月5日)
  2. A-10Aサンダーボルト2 その2 コクピットの組立て (2010年10月7日)
  3. A-10Aサンダーボルト2 その3 コクピットの塗装 (2010年10月8日)
  4. A-10Aサンダーボルト2 その4 機体の組立て (2010年10月9日)
  5. A-10Aサンダーボルト2 その5 機体の整形 (2010年10月11日)
  6. A-10Aサンダーボルト2 その6 エンジンの組立てと翼の整形 (2010年10月12日)
  7. A-10Aサンダーボルト2 その7 機体の組立て (2010年10月13日)
  8. A-10Aサンダーボルト2 その8 キャノピーの塗装と機体各部のマスキング (2010年10月15日)
  9. A-10Aサンダーボルト2 その9 サフ吹きと迷彩1色目 (2010年10月16日)
  10. A-10Aサンダーボルト2 その10 迷彩塗装 (2010年10月17日)
  11. A-10Aサンダーボルト2 その11 クリアコートと装備品の整形 (2010年10月18日)
  12. A-10Aサンダーボルト2 その12 デカール貼り (2010年10月20日)
  13. A-10Aサンダーボルト2 その13 ツヤ消しオーバーコート (2010年10月21日)
  14. A-10Aサンダーボルト2 その14 細部の塗分け (2010年10月25日)
  15. A-10Aサンダーボルト2 その15 脚の取り付けとウオッシング (2010年10月26日)
  16. フェアチャイルド・リパブリック・A-10Aサンダーボルト2 その16 完成!! (2010年10月27日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »