トップAFVドイツ1号B型指揮戦車 その4 組立て完了

« »

1号B型指揮戦車 その4 組立て完了

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ドラゴン Post : 280-4


各部の組み立て

1号B型指揮戦車

アンテナやハッチなどの組立て

細かなパーツを取り付けて行きます。クラッペは最初開いた状態にでもしてみようかと思ったのですが、いくつか開けてみたらちょっと間抜けな感じになったので、全部閉めてしまいました。また、サイドのハッチや天井のハッチもピットマルチで開閉式に・・・とも思ったのですが、唯一の武装の機関銃の銃尾がありませんし、室内にびっしりのはずの無線機もかけらもありませんから、開けるとヤブヘビなので全部閉めて固定してしまいました。

1号B型指揮戦車

アンテナ、ハッチなどの組立て

一番作るのに苦労するのはループアンテナですが、先に支柱だけ作って置いて(まだ車体には建てません)、それをループに通し、位置を決めて車体に貼り付けました。

車体の右側に付く直立アンテナ(って言うのか?)のホルダーも車体に合わせながら組み立てました。アンテナを納める部分が少し変形していたたため足が車体にキチンと付かなかったのですが、そこは指で押さえつけてなんとか接着しました。ドラゴンは箱にパーツを詰め込み過ぎです。こんな小さな車輌なのにパンパン・・・

ディテールアップ

1号B型指揮戦車

ジャッキ台にベルトを追加

ほとんど素組みでも問題のないくらいのキットですが、少しだけディテールアップです。箱絵を見るとジャッキ台はベルトでフェンダーに押さえつけられています。キットではこの斜めにかかったベルトが三角の板のようになっています。この部分を切り飛ばし、細いプラテープでベルトを作って貼り付けました。

ジャッキ台には上の面にしか木目のモールドが入っていないので、他の面にもデザインナイフの先で木目を彫ってやりました。

1号B型指揮戦車

OVMクランプにハンドルを追加

最後にOVMクランプにハンドルを取り付けました。最近のドラゴンではOVMクランプのハンドルはプラパーツでモールドされているのですが、このキットでは省略されています。

そこで余剰エッチングパーツからハンドルの部分だけを探してきて貼り付けてやりました。まぁ、ないよりはずいぶんましになります。

これにて組み立て作業は完了です。次は塗装の工程ですね。

(全作品完成まで あと91)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »