« »

フェアリー・ガネット AEW.3 その10 塗装1色目

Category : 飛行機

Scale : 1/72 Maker : ソード Post : 482-10

塗装1色目

機体の塗装に入ります。イギリス海軍の艦載機は機体の上面が暗い海の色に合わせたエクストラダークシーグレー、下面や側面が空の色に合わせたスカイで塗られています。エクストラダークシーグレーはMr.カラーでは333番がそのままの名前で売られています。一方スカイはダックエッググリーンという名前で出ています。今回はそのスカイ、つまりクレオスのMr.カラー26番のダックエッググリーンを使って機体の側面と下面を塗装しました。

詳しくはつづきをどうぞ…

マスキング

マスキング

まずは脚の格納庫をマスキングします。ここには濡らしたティッシュを突っ込んであります。だいたいこれでちゃんとマスクしてくれます。お手軽でローコストなんですよね。

塗装1色目

塗装1色目

機体の側面と機体と翼の下面を塗装します。塗料はエアブラシを少し離してフワフワと吹いて行く方がムラ無く吹けるのでそうします。でもエアブラシを離すと溶剤が空中で揮発してプラモに着くときは粉っぽくなってザラザラになってしまいます。そんな時はリターダー入りのシンナーを使います。これを薄めに溶いて離し気味で塗装してやります。塗料が薄く離れているので発色は遅く、塗装に時間はかかりますが、その分隠蔽力をコントロールしやすく、下地の影色のサフが分かるか分からないかのギリギリで塗ります。これが超音速で飛ぶ現用のジェットならあえてムラを残してあの薄汚れた感じを出すのですが、今回は低速で飛ぶプロペラ機なのでキレイめに仕上げてます。

増槽、扉の塗装

増加燃料タンクや脚の格納庫の蓋、機体横のドアも同じ色で塗っておきます。同じ色なのでついでってやつですね。

塗装1色目

出来たらマスキングして2色目を・・・なんて思ってたのですが、WOWOWを1時間ほど観ちゃったので無理でした。昔はほとんどテレビは観なかったのですが、Youtubeや有料の放送は面白いですね。普通のテレビも頑張ってるとは思うのですが、CMを見てもらいたいために一番盛り上がったところでCMを入れて中断するので興ざめです。あれでは制作者がかわいそうになってしまいます。特に民放のバラエティ番組は最悪です・・・まぁ、これは余談です(;^ω^)

まだ塗ったばかりですからね。明日までしっかり乾かしてからマスキングをして2色目を塗ることにします。まぁ、のんびり行きましょう。

(全作品完成まで あと118)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »