トップAFVアメリカM10駆逐戦車 中期型 その9 組み立て完了

« »

M10駆逐戦車 中期型 その9 組み立て完了

Category : AFV アメリカ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 403-9


組み立て完了

車載の機関銃と牽引ワイヤー、そしてキット付属のフィギュアを組みたてました。これにて組み立て作業は完了です。

詳しくはつづきをどうぞ…

牽引ワイヤー

牽引ワイヤー

牽引ワイヤーを車体に取り付けます。キットにはナイロンのヒモが入っていました。

牽引ワイヤーの留め具は省略されていますが、箱絵を見ると蝶ねじで留められているので、細切りのプラ板とプラ棒、そしてジャンクパーツの蝶ねじを使ってそれらしく作りました。

M2機関銃

M2機関銃

アメリカ軍定番のブローニングM2機関銃を組みたてます。もうおなじみなんてモノじゃ無いですね。第2次世界大戦の主力機関銃だっただけでなく、未だに西側諸国の現役なんですから。自衛隊だってたくさん使ってます。ビックリですよね。

フィギュアの組み立て

砲手装填手車長

フィギュアを組みたてます。最近のタミヤのフィギュアはとても良くできていて、とてもリアルです。各パーツも位置がぴたりと合ってポーズを正確に決める事ができます。ヘルメットとかも接着面がしっかりと取られており、確実に取り付けられますし、拳銃なんかも取り付け位置に拳銃分のモールドが彫られているので、違和感なく取り付けられます。

フィギュアの配置

3体のフィギュアを仮置きしてみます。砲手は照準器やハンドルにピッタリ頭や手を合わすことはできませんが、どっちみち外からは見えないので気になりません。

車長と装填手はバッチリ位置を合わせることが出来ます。

本来ならあと運転手と無線手がいるのでしょうが、キットでは省略されています。戦闘中ですから、ハッチから顔をだしていることはありませんからね。必要無いです。

これにて組み立て作業は完了です。明日からは塗装に入ります。車体の下半分はもう仕上がってますからね、まずはそこをマスキングしないと。

(全作品完成まで あと108)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »