トップAFVドイツティーガー1初期生産型(フルインテリア) Op.410 制作開始

« »

ティーガー1初期生産型(フルインテリア) Op.410 制作開始

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ライフールドモデル Post : 410-1


ティーガー1初期生産型(フルインテリア) 1/35 ライフィールドモデル

なかなか更新(どころかプラモの製作も)ままならない状態が続いていますが、それでもボチボチと時間を見つけては製作を再開しました。今回のお題は ドイツ重戦車 ティーガー1初期生産型 を内部構造まで再現したキットを作ります。

ティーガー1は正式名称が Pz.kpfw.6 Ausf.E (6号戦車E型) でして、その頑丈な車体と8.8cm砲の破壊力で連合軍から恐れられました。われわれ戦車モデラーが子供の頃からあこがれた人気ナンバーワンの戦車です。

ティーガー1型はアフリカやロシアに送られた極初期型、その後改良されて初期型、中期型、後期型と変化していくのですが、今回作るのは東部戦線に投入された第503重戦車大隊の初期型の車輌です。初期型と言えばジャーマングレーの重厚な塗装がイメージされますが、この車輌は明るいグリーンで塗装されていたようです。アフリカに送られた501重戦車大隊の極初期型みたいです。

キットは香港の新興メーカーのライフィールドモデル製です。迷走するドラゴンの優秀なAFV設計チームが流出したとかしないとか・・・の噂があるように、香港では優れた新興メーカーがうじゃうじゃ立ち上がってきています。

さすがにティーガー1は今までも随分とキット化されているので、新興メーカーとしてはなにか差別化が必要なわけで、今回はなんと車体内部が完全に再現されたフルインテリアキットとなっています。子供の頃タミヤの1/25のタイガー1型(タミヤではタイガーと呼ばれています)のフルインテリアキットにあこがれた私としてはうっかり食いついてしまいました。

キットにはエッチングパーツなども入っており、アフターパーツは無しでも十分に精密感タップリに仕上げられそうです。スケールはチョイと小さくなりますが、作り堪えは十分ありそうです。

では早速製作にかかるとしましょう…

シャーシの組み立て

シャーシのリブ

説明書では砲塔から組みたてるようになっているのですが、どうも普段から慣れ親しんだ下から作る作業から離れられず(笑)、説明書を無視してシャーシを組みたてます。

シャーシには補強のためにリブが井桁に組まれています。これをエッチングパーツで再現するのですが、横を先に付けてから縦を付けると位置が合いませんし、縦を先に付けると横が入りません。

そこでとりあえず横を未接着で並べながら上から縦のリブを入れて、位置を確認しながら瞬着を流して留めていきました。片側だけでも付けば反対側は簡単です。

リブの取り付け

リブの取り付けが完了しました。途中で押し出しピンの痕があることに気づいたので(って最初から気づけよ(+_+)\バキッ!)、パテで埋めて修正しました。狭い場所のパテを整形するのはかなり困難でして、ペーパーは入りません。そんな時はハンダ付けをキレイに掃除するキサゲ刷毛を使ってゴソゴソと削ってやります。十分に平らにはできませんが、まぁ、そこそこにはなります。

シャーシ外側

シャーシ後端の組み立て

シャーシの前後にパーツを取り付けます。後端のパーツには接着位置に溝が残ってしまうので、ここはパテで埋めました。完全に段差は消せませんが、あまり目立たない箇所なのでこれくらいで良しとします。

シャーシ前端

シャーシの前端も組みたてます。こちらの合わせ目はデフギアのカバーの下になるのでほとんど見えなくなるので放置です。押し出しピンの痕が3箇所あるり、これを埋めておきました。まぁ、見えなくなるとは思いますけどね。

シャーシの組み立て

てなわけで初日の組み立てはここまでです。やはりフルインテリアと言うことでいきなりエッチングパーツの作業とかでほんのチョッピリしか進みませんでしたが、本物の戦車を組みたてる雰囲気が味わえるかと思うので気長に進めていこうと思います。

(全作品完成まで あと107)

作品No.410の記事一覧

  1. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) Op.410 制作開始 (2016年11月30日)
  2. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その2 サスペンションと運転席の組み立て (2016年12月2日)
  3. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その3 駆動装置と戦闘室の組み立て (2016年12月3日)
  4. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その4 機関室隔壁の組み立て (2016年12月4日)
  5. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その5 車体内部の塗装 (2016年12月6日)
  6. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その6 インテリア細部の塗分け (2016年12月7日)
  7. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その7 無線機と計器板の塗り分け、スミ入れ (2016年12月9日)
  8. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その8 砲弾 (2016年12月10日)
  9. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その9 機関銃の銃弾ケース (2016年12月11日)
  10. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その10 機関室の組み立て (2016年12月13日)
  11. ティーガー1初期生産型 その11 前面装甲板の組み立て (2016年12月14日)
  12. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その12 機関室の塗装 (2016年12月16日)
  13. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その13 前面装甲板内側の塗装 (2016年12月17日)
  14. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その14 エンジンの塗装 (2016年12月20日)
  15. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その15 機関室の追加工作 (2017年1月26日)
  16. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その16 機関室の仕上げ (2017年1月29日)
  17. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その17 居室の仕上げ (2017年2月2日)
  18. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その18 車体後部の組み立て (2017年2月5日)
  19. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その19 車輪の組み立て (2017年2月11日)
  20. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その20 エンジンデッキの組み立て (2017年2月12日)
  21. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その21 OVM等の組み立て (2017年2月13日)
  22. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その22 車体側面の組み立て (2017年2月14日)
  23. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その23 主砲の組み立て (2017年2月16日)
  24. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その24 砲塔バスケットの組み立て (2017年2月18日)
  25. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その25 砲塔内壁 (2017年2月24日)
  26. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その26 砲塔天板内側の組み立て (2017年2月25日)
  27. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その27 主砲(砲尾)の塗装 (2017年3月18日)
  28. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その28 砲塔内部の塗装 (2017年3月19日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ