トップAFVドイツティーガー1初期生産型(フルインテリア) その24 砲塔バスケットの組み立て

« »

ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その24 砲塔バスケットの組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ライフィールドモデル Post : 410-24


砲塔バスケットの組み立て

主砲に続き砲塔バスケットを組みたてました。砲の俯仰装置や砲塔の旋回装置、砲塔内部に搭乗する3人のクルーの座席などを作りました。これを先に作った主砲と共に砲塔に仮り組みしてみました。

詳しくはつづきをどうぞ…

バスケット上部の組み立て

砲塔バスケットの組み立て

砲塔バスケットの上部を組みたてます。ここには車長(向かって右奥)、砲手(向かって右前)、装填手(左)の3つの座席が付きます。装填手のみ後ろ向きになっています。

砲手の横にある装置は砲塔を旋回させる装置で、装填手の横にある太い棒は砲を俯仰させるための油圧のシリンダー平衡器と呼ばれる装置で、重い砲身が前に下がってしまうのを油圧でバランスを取る装置(tomoboy07さんにおしえていただきました)です。


砲塔バスケット上部の組み立て

砲塔バスケットの上部を裏側から見てみます。ご覧の様に押し出しピンの痕がそこら中にあり、一つずつ消しながらの組み立ては結構手間がかかりました。


薬莢受け

薬莢受け

これは装填手席の近くにある同軸機銃の薬莢受けです(タブン)信号旗とか地図をいれるカゴだそうです(こちらもtomboy07さんに教えていただきました)。キットのパーツは網では無く網のようにモールドされたプラパーツだったので、真鍮の金網とプラストライプで作り替えました。


ロッドの追加

ロッドの追加

砲の旋回装置には装置間やメーターをつなぐロッドがあります。実車の写真を見ると2本のロッドを見つけることが出来たのでプラ棒を使って追加しました。ただ駆動用の太い方は何処に付くのか分かったのですが、メーターに付く細い方はメーターじゃ無い方の端がどこに付くのかよく分かりませんでしたので、適当です(;^ω^)


砲塔バスケットの床

砲塔バスケットの床

砲塔バスケットの床を組みたてます。真ん中の大きな装置が旋回装置の駆動部で、その手前にあるペダルが操作ようのペダルです。このペダルからロッドが伸びているのですが、これもよく分からないので付けてありません。

床にある消火器が忘れられているようなのでジャンクパーツから適当な消火器を探してきて付けました。


砲塔バスケットの組み立て

砲塔バスケットの上部と床を接着します。飲料水用のジェリカンを収めるラックが柱とギリギリの位置で取り付けに少し苦労しました。上下を取り付けてからジェリカンラックを付けたほうが良かったかもしれませんね。

また旋回装置の上下をつなぐ太いロッドも位置がピッタリ合わなくて一度外して付け直しました。やっぱり仮り組みは大切ですね(;^ω^)


(全作品完成まで あと107)

関連するコンテンツ

作品No.410の記事一覧

  1. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) Op.410 制作開始 (2016年11月30日)
  2. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その2 サスペンションと運転席の組み立て (2016年12月2日)
  3. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その3 駆動装置と戦闘室の組み立て (2016年12月3日)
  4. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その4 機関室隔壁の組み立て (2016年12月4日)
  5. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その5 車体内部の塗装 (2016年12月6日)
  6. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その6 インテリア細部の塗分け (2016年12月7日)
  7. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その7 無線機と計器板の塗り分け、スミ入れ (2016年12月9日)
  8. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その8 砲弾 (2016年12月10日)
  9. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その9 機関銃の銃弾ケース (2016年12月11日)
  10. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その10 機関室の組み立て (2016年12月13日)
  11. ティーガー1初期生産型 その11 前面装甲板の組み立て (2016年12月14日)
  12. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その12 機関室の塗装 (2016年12月16日)
  13. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その13 前面装甲板内側の塗装 (2016年12月17日)
  14. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その14 エンジンの塗装 (2016年12月20日)
  15. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その15 機関室の追加工作 (2017年1月26日)
  16. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その16 機関室の仕上げ (2017年1月29日)
  17. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その17 居室の仕上げ (2017年2月2日)
  18. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その18 車体後部の組み立て (2017年2月5日)
  19. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その19 車輪の組み立て (2017年2月11日)
  20. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その20 エンジンデッキの組み立て (2017年2月12日)
  21. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その21 OVM等の組み立て (2017年2月13日)
  22. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その22 車体側面の組み立て (2017年2月14日)
  23. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その23 主砲の組み立て (2017年2月16日)
  24. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その24 砲塔バスケットの組み立て (2017年2月18日)
  25. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その25 砲塔内壁 (2017年2月24日)
  26. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その26 砲塔天板内側の組み立て (2017年2月25日)
  27. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その27 主砲(砲尾)の塗装 (2017年3月18日)
  28. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その28 砲塔内部の塗装 (2017年3月19日)
  29. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その29 砲塔内部の仕上げ (2017年5月4日)
  30. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その30 砲塔の組み立て (2017年5月8日)
  31. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その31 スモークディスチャージャーのディテールアップ (2017年5月9日)
  32. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その32 サフ吹き、影吹きと… (2017年5月10日)
  33. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その33 塗装 (2017年5月12日)
  34. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その34 デカール貼りと細部の塗分け (2017年5月15日)
  35. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その35 スミ入れ (2017年5月16日)
  36. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その36 足回りの汚しと組み立て (2017年5月17日)
  37. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その37 履帯の組み立て (2017年5月20日)
  38. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その38 履帯の塗装 (2017年5月21日)
  39. ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その39 OVMの仕上げと雨だれ (2017年5月23日)

“ティーガー1初期生産型(フルインテリア) その24 砲塔バスケットの組み立て” への2件のフィードバック

  1. tomboy07 より:

    >>太い棒は砲を俯仰させるための油圧のシリンダーです。
    これは平衡器です。
    キューポラが変わった新型砲塔では車長の後方に移設され、チェーンで砲と接続するようになりました。
    砲塔内の旧型と新型を識別点のひとつです。
    >>同軸機銃の薬莢受けです(タブン)
    信号旗と地図入れだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »