トップ艦船第1航空戦隊 加賀 その7 飛行甲板の取り付け

« »

第1航空戦隊 加賀 その7 飛行甲板の取り付け

Category : 艦船

Scale : 1/700 Maker : フジミ Post : 422-7


飛行甲板の取り付け

いよいよ飛行甲板を取り付けです。これで加賀も本来の空母の姿になります。でもその前に飛行甲板の下になる部分を仕上げておかないと行けません。これがなかなか手間です。

詳しくはつづきをどうぞ…

艦載艇の塗装と取り付け

艦載艇の塗装と取り付け

艦載艇を塗装します。船体のグレーと甲板の茶色はエアブラシでザックリと吹いていますが、コマ中塗りわけは全部筆塗りです。

塗装した艦載艇を乗せていくのですが、狭い場所に置いていくのでなかなか大変でした。まぁ、接着剤が少々はみ出て汚らしくなってもあまり見えないので気にしてませんけどね。

下の甲板などの仕上げ

後部甲板の仕上げ

影になってあとからでは仕上げにくい箇所を先に仕上げてしまいます。Mr.ウエザリングカラーのグランドブラウンでスミイレをします。さらに錨の鎖にはAKインターナショナルのラストストリークを薄く溶いて流しています。まぁあまり目立たない箇所なので、これくらいでいいでしょう。

甲板裏のスミ入れ

甲板の裏側にスミ入れします。普通にスミイレして拭き取りをするのも大変ですから、薄めたウエザリングカラーを流しておしまいです。この方が簡単で良いですね。柱はちゃんと原液を塗って乾かしてから拭き取っています。

飛行甲板の取り付け

飛行甲板の取り付け

いよいよ飛行甲板を貼り付けます。位置を決めたら合わせ目に流し込み接着剤を流していきます。最後に柱の付け根を位置合わせをして、接着剤を流します。前の方は少し浮いてくるので、接着剤が固まるまで、セロテープで押さえ込んでおきます。

梁の追加

赤丸で囲った部分には斜めの梁がつくのですが、これは飛行甲板を取り付けてからで無いと付けられない位置なので、このタイミングで取り付けました。接着剤が固まったら筆塗りで塗っておきます。この位置なら暗色(ダークシーグレー)がいいですね。

飛行甲板の取り付け

さて、これで加賀もすっかり空母の形になりました。でもまだ道半ばですね。

(全作品完成まで あと111)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »