トップAFVドイツ10.5cm突撃榴弾砲G型 その10 インテリアの塗分け、フィギュアの塗装

« »

10.5cm突撃榴弾砲G型 その10 インテリアの塗分け、フィギュアの塗装

Category : AFV フィギュア ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 129-10


インテリアの塗装

10.5cm突撃榴弾砲G型 インテリアの塗分け

10.5cm突撃榴弾砲G型 インテリアの塗分け

無線機などインテリアを塗り分けてみました。実車のカラー写真があったので、それを参考に塗り分けです。右側の無線機の前にも何か機械があったんでしょうね、微妙な空間が空いています。しかしその部分の写真がなかったので手も足もでません。タダでもらった写真やネットの写真だけを頼りにしたのでは限界があります。やはり資料本などへの投資は必要でしょうね。

よく見ると右側のアンテナの支柱が折れて無くなっています。完成までに付けておかなければ行けませんね。

フィギュアの塗装

10.5cm突撃榴弾砲G型 フィギュアの塗装

10.5cm突撃榴弾砲G型 フィギュアの塗装

娘の勉強につきあわされることになったため、急遽茶の間で塗装作業となりました。本当はインテリアのウオッシングやチッピングをしたかったのですが、さすがに茶の間でペトロールの強烈な臭いを出すわけにはいきません。やむなく水性塗料を使うフィギュアの塗装に変更です。

なんとか塗りおえたのですが、やっぱり粘土細工の感は否めません。どうみても表面の質感が粘土です。フィギュアの制作って難しいですね。今度作るときは表面の様子がわかりにくい迷彩服にでもしようかな・・・

いつもは仕上げにスーパークリアのつや消しをエアブラシで吹くのですが、一体だけでエアブラシを出してくるのも面倒だったので、缶スプレーのトップコートつや消しを吹き付けました。どうやらこの缶スプレー、あまりつや消しの効果が強くないようで、せっかくのアメリカーナのドつや消しが並のつや消しになってしまいました。残念!

(全作品完成まで あと39)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »