« »

スピットファイアMk.9c その13 デカール貼りと脚の塗装

Category : 飛行機

Scale : 1/32 Maker : タミヤ Post : 200-13

デカール貼り

スピットファイアMk.9c デカール貼り

スピットファイアMk.9c デカール貼り

デカールを貼りにかかります。飛行機は全身デカールでびっしりですから、貼っているうちに持つところが無くなってきます。ですから、2~3日に分けてゆっくりと貼っていくことにしました。

今回は手始めに大きなサイズのデカールを貼ります。これで全体の位置が決まってくるので、その他の小さなデカールはそこに合わせて貼り付けます。

タミヤのデカールは印刷は鮮明なのですが、少々弱いのが難点です。そこでタミヤからは専用のマークフィットが発売されているのですが、これがなかなかパワー不足でして、やっぱりクレオスの強力なソフター、セッターのペアにはかないません。デカールを溶かしたり砕いたりしないように注意しながらクレオスを使いました。

脚の塗装

スピットファイアMk.9c 脚の塗装

スピットファイアMk.9c 脚の塗装

デカール貼りの合間に、脚を塗装し組み立てました。主脚は折りたたみ状態と着陸状態の2組が入っているので、都合4本作ることになります。

引き込み状態の主脚はタイヤが見える側の半分しかありません。また、着陸状態の主脚にはブレーキのパイプが付属します。世話いらずなキットです。

(全作品完成まで あと71)

明日はモケ華です。しかし仕事でライブカメラの現場設置作業が入っています。雨が降っていては作業ができないので、スタッフの集合は午後1時となったため、これが終わってから一旦帰宅し、それからモケモケに向かうと…遅刻かな…?

ライブカメラからのパケットを指向性アンテナを付けた無線LAN装置で2km近くも飛ばす計画です。本当にうまくいくかどうか半信半疑です(オイオイ)。

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »