トップAFVドイツ15cm自走重歩兵砲グリレK その6 車体の組立て

« »

15cm自走重歩兵砲グリレK その6 車体の組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 253-6


グリレK

冷却ファン

インテリアの最後のパーツはラジエターです。前回ここまでできれば切りが良かったのですが、なかなか世の中うまくはいきません。ほとんど見えないパーツなんですが、一応塗装とウオッシングはしてあります。

塗装色はよく分かりませんが、タイガー戦車などでは冷却ファンを白く塗ったりしますので、それに習ってシロッコファンを白で塗ってみました。

グリレK

機関室の隔壁

エンジンルームと戦闘室の隔壁を取り付けます。左右非対称なためどことなくまっすぐ付いていないような気がします。でもちゃんと直角を計ってみるとまっすぐなのですが、それでも少しゆがんで見える・・・のは気のせい?

開口部をマスキング

マスキングマスキング

せっかく塗った室内に塗料が回り込まないようにマスキングをします。完成後は外からピンセットではぎ取らなければいけませんから、あまりベッチョリと付けるわけにはいきません。取れなかったらどうしよう・・・なんていつも思います。

車体の組立て

グリレK

砲が乗る部分は運搬車と自走砲で異なる

戦闘室の床と砲架が乗る部分を取り付けます。ここで初めて2輛の違いができてきました。右側が砲架が乗る台がついたグリレK用です。

実は床のパーツも自走砲と弾薬運搬車とで異なっています。自走砲タイプは床にパーツを留める穴を4つ開けてあります。砲架との組み合わせを間違えないようにしないとね。

グリレK

前面装甲版、天板の取り付け

前面の装甲板、天板を取り付けます。このあたりのパーツは非常に薄く成形されており、自走砲タイプの方は箱の中のパーツの多さにパーツが変形してしまっていました。おかげでエンジンデッキの上のハッチの立て付けが悪くなってしまいました。

ここまでくれば車体の側面の装甲板などを取り付けるところまで来ているのですが、その前に戦闘室内部だけでも塗装しておかないととても後から塗れる広さじゃありません。

そんなわけでもう少し工作を進めることにします。

(全作品完成まで あと97)

関連するコンテンツ

作品No.253の記事一覧

  1. ドイツ・15cm自走重歩兵砲グリレK Op.253 制作開始 (2011年8月17日)
  2. 15cm自走重歩兵砲グリレK その2 インテリアの組立て (2011年8月18日)
  3. 15cm自走重歩兵砲グリレK その3 車体天板の組立て (2011年8月21日)
  4. 15cm自走重歩兵砲グリレK その4 戦闘室側面の組立て (2011年8月25日)
  5. 15cm自走重歩兵砲グリレK その5 インテリアの塗装と組立て (2011年8月28日)
  6. 15cm自走重歩兵砲グリレK その6 車体の組立て (2011年9月1日)
  7. 15cm自走重歩兵砲グリレK その7 主砲の組立て (2011年9月2日)
  8. 15cm自走重歩兵砲グリレK その8 フェンダーの組立てと戦闘室の塗装 (2011年9月3日)
  9. 15cm自走重歩兵砲グリレK その9 戦闘室内部の塗分け (2011年9月7日)
  10. 15cm自走重歩兵砲グリレK その10 戦闘室の仕上げと組立て (2011年9月8日)
  11. 15cm自走重歩兵砲グリレK その11 組立て完了 (2011年9月10日)
  12. 15cm自走重歩兵砲グリレK その12 基本塗装 (2011年9月14日)
  13. 15cm自走重歩兵砲グリレK その13 迷彩塗装 (2011年9月15日)
  14. 15cm自走重歩兵砲グリレK その14 デカール貼りとスミ入れ (2011年9月17日)
  15. 15cm自走重歩兵砲グリレK その15 フィルタリング (2011年9月19日)
  16. 15cm自走重歩兵砲グリレK その16 細部の塗分けと履帯の取り付け (2011年9月24日)
  17. ドイツ・15cm自走重歩兵砲グリレK その17 完成!! (2011年9月25日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »