« »

ポルシェ・カレラGT その3 エンジンの制作

Category : 自動車

Scale : 1/24 Maker : タミヤ Post : 293-3

エンジン

V型10気筒エンジン ポルシェ・カレラGT

エンジンを組み立てます。キットの説明書にざっとした塗り分けが指示されていますが、ネットで調べると実車の写真やイラストなんかがたくさん見つかるので、それを参考に塗り分けました。

ポルシェ・カレラGT

プラグコードを追加

プラグコードを追加します。実車の資料ではプラグコードは黒でしたが手持ちの細い被覆線が赤しかなかったので赤にしました。この方が見栄えがしますね。さらにシリンダーヘッドのカバーからなにやら太めのパイプが出ていましたので、これを追加しました。他にも細かなパイプや補機類がいろいろとあるようですが、あまりここで血道を上げてもしかたがないので、これくらいにしておきます。

排気管

排気管がくっついちゃってる排気管の余分な耳を削って黒で下塗り

排気管は一体でモールドされているのですが、なぜか昔のプラモみたいに排気管のパイプの周囲に枠が残っています。最初こういう形かと思っていたのですが、そんなわけはないですよね。実車の写真を見るとやはり全部別々のパイプでして、枠の部分は当然ありません。ここは削り取って整形しました。

当然メッキはハゲハゲになってしまうので、塗装し直しです。シルバーの下塗りとしてツヤ有りの黒を塗っておきました。ここでテカテカにしておくことが後の仕上がりに影響しますが、まぁ、あまり見えない所ですからそんなにこだわりません。この後、エアブラシ専用のシルバー(クロームシルバー)で塗装します。

ボディの研磨

ポルシェ・カレラGT

ボディの研磨に失敗

ボディの塗装をしてから10日ほど経ったので表面をペーパーがけしました。注意して作業したつもりだったのですが、失敗してしまいました。フェンダーの端がはげてしまったのです。エッジは厚塗りしたつもりだったのですが、全然足りませんでしたね。

しかたがないので塗り直しです。またしてもやってしまいました。カーモデルの道はなかなか険しいです。

(全作品完成まで あと85)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »