トップ艦船第1航空戦隊 赤城 その4 船体の塗装

« »

第1航空戦隊 赤城 その4 船体の塗装

Category : 艦船

Scale : 1/700 Maker : フジミ Post : 423-4


船体の塗装

船体の塗装をします。赤城も加賀と同様に木製甲板の部分はデカールで再現されますので、いったんは全部鉄の部分の色で塗装します。なんて楽ちんなんでしょう♪

詳しくはつづきをどうぞ…

サフ吹き、影吹き

サフ吹き、影吹き

まずはサフ吹きと影吹きです。いつもはグレーのサフを吹いてから影色を吹くのですが、今回は影色のサフを吹いてからグレーのサフを吹きました。順番を変えることにより、奥まった所はよりしっかりと影色に、光の当たりやすい箇所はより明るくできました。これ良いかもしれませんね。

甲板の影吹き

飛行甲板の裏側は見えるところはほぼ影色のサフでまっ黒です。

サフ吹きと影吹き

甲板の表側はこんな感じです。こちらは全体にグレーのサフを吹き、影になるところだけに影色を吹いています。

基本塗装(暗色、基本色)

基本塗装(暗色、基本色)

基本塗装をします。光の当たりにくいところは暗色としてMr.カラー333番のエクストラダークシーグレーで塗っています。下方向から吹いています。次に基本色として軍艦色を横から吹いています。写真には写っていませんが、飛行甲板の裏側は暗色、わずかにある側面は基本色で塗っています。

基本塗装(明色)

船体の塗装

最後に飛行甲板の天板を明色のニュートラルグレー(Mr.カラー15番)で塗装します。飛行甲板を船体にかぶせて、上から見たときに飛行甲板からはみ出る部分にも強い光が当たるので明色を吹いています。

もう一度飛行甲板を外し、デカールの下地づくりのためにツヤ有りのクリアを吹いておきます。これでデカールがしっかり密着してくれます。

(全作品完成まで あと111)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »