トップAFVソビエト連邦SU-76M自走砲 その5 組み立て完了

« »

SU-76M自走砲 その5 組み立て完了

Category : AFV ソビエト連邦

Scale : 1/35 Maker : ミニアート Post : 163-5


防盾の組み立て

SU-76M自走砲 防盾の組み立て

SU-76M自走砲 防盾の組み立て

防盾を組み立てます。これはそのまま戦闘室の上半分でもあります。非常に薄っぺらいプラで成型されており、できあがっても紙細工のようにカサカサと軽い感じがします。

ほとんどの面が別々の板として成型されており、これを箱組にするのですが、パーツの合いは悪くないので、車体にかぶせながら慎重に組み上げれば、キチンと形になります。

荷物を縛り付けたり、艤装ネットをかけたりするフックがたくさんついています。ソ連の戦車では曲げた棒を溶接してありますから、模型でも装甲板に穴は開けずに、銅線曲げてフックを作り、瞬間接着剤で貼り付けました。本当なら溶接の痕が必要ですが、さすがにこの細かさでは付けられません。相手が銅線ですから、ヒートペンも使えませんしね。

リアゲート

SU-76M自走砲 リアゲート

SU-76M自走砲 リアゲート

車体の後部には乗り降りを楽にするためのハッチがあります。今回は戦闘中を作ります。このキットに附属するフィギュアのうち、3体は車外にいますから、このハッチは開けておくことにします。

ハッチの下の部分にものすごいヒケがありましたので、パテで埋めて置きました。

運転手のハッチ

SU-76M自走砲 運転手のハッチ

SU-76M自走砲 運転手のハッチ

運転手席だけがエンジンの前の室内にあります。この車体はほとんどが鋼板を溶接して作られていますが、運転手のハッチはどうやら鋳造のようです。

キットのハッチにも鋳造肌がモールドされているのですが、ちょっと地味なので、溶きパテで付けておきました。ソ連軍の鋳造肌は凸凹でないと。

組み立て完了

SU-76M自走砲 組み立て完了

SU-76M自走砲 組み立て完了

これにてほぼ組み立てが完了しました。室内を塗装しなければいけないので、防盾はまだ車体に接着してありません。そのため防盾の後ろが浮いています。

また防盾の後ろの端には鉄棒の枠が付くのですが、それも後から接着します。とりあえず戦闘室内部を塗りましょう。

(全作品完成まで あと59)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »