トップAFVソビエト連邦SU-76M自走砲 その13 フィギュアの組立て

« »

SU-76M自走砲 その13 フィギュアの組立て

Category : AFV ソビエト連邦

Scale : 1/35 Maker : ミニアート Post : 163-13


フィギュアの組み立て

SU-76M自走砲 フィギュアの組立て

SU-76M自走砲 フィギュアの組立て

キット付属のフィギュアを組み立てました。 キットのまま無改造で組み立てると、車内に乗り込むことが出来るのは砲手ただ一人になってしまいます。角度的にはコートを着て砲弾を持っている兵士が装填手の位置に合うのですが、コートが大きすぎて入りません。

そこで、防寒服を着て砲弾を抱いている兵士の角度を大きく変え、装填手の位置に入るように改造しました。やっぱり車内に一人じゃさみしいですからね。

砲手は手に操作ハンドルの軸だけを握っていますから、SU-76Mからハンドルを剥がして砲手の手に接着しました。いずれにせよぴったりとは合いそうもないのですが、まぁあまり見えないので気にしないで行きます。

SU-76Mに乗せてみた

SU-76M自走砲 レイアウトの確認

SU-76M自走砲 レイアウトの確認

二人の兵士を狭い車内に入れるのはなかなか大変で、砲を左右に振りながら一人ずつ入れることになります。砲が左右に振れるように付くっておいて良かったですよ。そうしていなければ絶対に乗せる事なんてできませんでした。

下でしゃがみ込んでいる兵士は、砲弾ケースから砲弾を取り出しているところです。しかしこのキットには砲弾箱は入っていません。ちょっと残念ですよね。

そういえばドイツ兵が鹵獲したZIS-3の砲弾を運んでいるフィギュアセットがミニ・アートから出ていましたよね。でも砲弾箱のためだけにそれを買うのもね…

(全作品完成まで あと61)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »