トップAFVソビエト連邦SU-76M自走砲 その7 防盾の取り付け

« »

SU-76M自走砲 その7 防盾の取り付け

Category : AFV ソビエト連邦

Scale : 1/35 Maker : ミニアート Post : 163-7


防盾の取り付け

SU-76M自走砲 合わない戦闘室を無理やり・・・

SU-76M自走砲 合わない戦闘室を無理やり・・・

いや~、私が間違っていました。世の中そんなに甘くはありませんでした。実は先日モケモケに行ったときに、店長に『根生さん、SUの車体ってぴったり組み立てられます?』って聞かれたので、『うん、なんとなく合うみたい』って答えたんです。実際に仮組の状態ではわりとちゃんと合いそうな雰囲気だったんですよね…

ところが実際に防盾を車体に接着しはじめると…

あちらが合えば、こちらが合わず、こちらが合えば、あちらが合わず…
と前後左右4枚の装甲板をすったもんだのすえ、なんとか所定の場所に納めたのですが…

うげっ…

真上から見ると平行四辺形になっているじゃないですか?
しかも車体との間に上下方向で隙間が…

この露助野郎め!!こうなりゃ万力締めの刑じゃ…
とばかりにクランプでがっちりと締め付けました。

東欧キット

SU-76M自走砲 防盾の取り付け

SU-76M自走砲 防盾の取り付け

いやはや、東欧キットは手強い。なめてかかってはいけません。まだどことなく変ですが、こんなところでガマンします。
あんなに仮組とすりあわせをしたのに…(涙)

SU-76M自走砲 ヒートペンの溶接痕でごまかす

SU-76M自走砲 ヒートペンの溶接痕でごまかす

わずかに開いた隙間は、ヒートペンで溶接痕にしてしまいます。 パッと見にはゆがんでいるのはあまりわかりません(タブン)。まぁ、こんなもんで良しとしましょう。

さあ、次は塗装です。

(全作品完成まで あと59)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »